FC2ブログ

MY HOME TOWN

志摩の暮らし 志摩の音楽

クリスマスコンサート

昨日は、明倫商店街のクリスマスライブ。
いつものように楽しく歌わせていただきました。
ありがとうございました。
いつもなら、あほみたいな顔でぷらぷらして
居酒屋の2階の窓の、レトロな雰囲気のカーテンを見たり、
八百屋さんのお値段チェックをしたり、
もちろん、出演者の皆さんの演奏も聞いて、
片付けもしなければいけないところでしたが、
今回は、3時半に歌い終わってすぐに、
シティプラザのクリスマスチャリティーコンサートへ。
レコード大賞後の紅白みたいやな
と、あほみたいなこと考えながら移動した。
思うだけはタダです。
でも、行ってみたら、
本当に私にはNHKホールじゃないのかと思うくらいの
素晴らしい環境。
自分が気持ちよくなってどないすんねんって、
思いながら、歌いながら、
音響の素晴らしさに酔いました。
ありがとうございました。
そして、ギターを片付けていたら、いきなり、
「ありがとう」
と声をかけていただいて
「へ?」
となりました。
その方は、恭蔵さんを好きだったとおっしゃいました。
来春のコンサートのことをMCで話したので、
「ありがとう」
と言ってくださったそうです。
ありがとうをありがとう
って、今度恭蔵さんに話に行こうっと。
明倫商店街で歌わせてもらった後に、
控室まで来てくださった方から、
とてもいい音がしてたけど、なにか特別なギターなんですか?
と話しかけられた。
司会の方も、いい音ですねって言ってくださった。
シティプラザでも、同じように言っていただいた。
今回も、ずーーーーっとほったらかしで、
こないだまで埃だらけだったタカミネを連れて行ったのです。
ちょっと調子の悪いところもあるけど、
ステージの上で、とても誇らしげにいたので、
本当にごめんなさいと、心の中で何度も謝りました。
今年は、たくさんのところで歌わせていただいて、
自分でも何がなんだかよくわからないまま突っ走ってきました。
このままではいけないんじゃないかって、
心のどこかに少し戸惑いがありました。
前に進むために、来年は少し歌い控えしようかと思います。
修行だ。山にこもりたい。
今年ラスト2。
23日(日)20:00〜プルーフ 倉田さん主催のクリスマス?忘年会ライブ?かな。
27日 (木)18:00〜21:00 鳥羽文化会館 閉館のイベント
と、わいわい演る感じのようです。楽しみです。
お声かけいただいてありがとうございます!
お忙しい時期ですが、頑張ったあとのひと息に、
一緒に楽しみませんかー。


201812162109529b4.jpeg


20181216210950c03.jpeg
  1. 2018/12/16(日) 21:10:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イガデハク〜プルーフ 次の出番

先週、伊賀で年下のかわいいおねえさんが、
出演者に配ってくれたポストカード。
職場に置きました。
ありがとうをありがとう。

8日はプルーフで出演させていただきました。
年上のきれいなおねえさんからピックをいただきました。
ピックをよく失くしちゃう私。
これはこのまま飾ることにします。
胸がキュンとします。

15日土曜日のお昼は、
明倫商店街で『めいりん村クリスマスコンサート』です。
そして、昨夜15日の夜のチャリティコンサートにもお誘いいただいて、
今、フライヤーが届きました。はやっ。
ありがとうございます。
よろしくお願いします♬

20181213113654e36.jpeg

2018121311365501a.jpeg

20181213113656b0c.jpeg
  1. 2018/12/13(木) 11:38:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『恭蔵とKUROの音楽祭り2019〜アフリカの月〜』

SNSをされない方にもなんとか知っていただきたいなぁと、ブログを開設しました。
パソコンなど見られない環境の方には、やはり、皆さんの声が必要です。
恭蔵さんのファンが、お近くにいらっしゃるようでしたらお伝えいただきたいです。
よろしくお願い致します。
『恭蔵とKUROの音楽祭り2019〜アフリカの月〜』
▼ブログ
http://kyozokuro.hatenadiary.jp
▼Facebookページ
https://www.facebook.com/KyozoKuro/?modal=admin_todo_tour
▼twitter
http://twitter.com/KyozoKuro
  1. 2018/11/26(月) 13:12:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イガデハク

昨夜は、いつもふらっと行くバーに、いつも一緒に音楽をする人たちが集合した。
私は今夏ハマりにハマった「時は過ぎて~ザ・ディランⅡライヴ」というアルバムの中の一曲を唄った。
今までギターの音しか褒めてもらってこなかったけど、今回は技術が向上していると言ってもらいうれしい夜になりました。そして、みなさんの演奏はいつもながら素晴らしく心がほっこりしました。

だんだん、子どもにもどっていく世代。褒め合い、労り合い、譲り合い、過去のイベントを思い出したり偲んだり。これからも声をかけあって楽しく音楽ができたらいいですね。そんな夜をつくってくださってありがとうございました。




今週末は伊賀に呼んでいただきました。ありがとうございます。
出演者は若い方が多いですが、音楽では先輩と呼ばなければいけない方々ばかりです。
どうぞよろしくお願い致します。
12/1(土),12/2(日)伊賀魂(イガデハクlive)ストリートライヴ

http://www.de-haku.net/

■12/1(土)のタイムスケジュール
10:10-山内洋平
10:45-OSKA
11:20-Kazuyo
11:55-カンテランタン
12:30-and Tha dunplings
13:40-おやこーず
14:15-モジプール
14:50-King大知
15:25-堀口慎太郎
16:00-ふんわりアクセル
16:35-増田英晃
■12/2(日)のタイムスケジュール
10:00-花垣亮志
10:30-優香
11:05-Great Ordinary Man
11:40-kazuyo
12:50-ゆうなる
13:25-松浦泰祐
14:00-堀口慎太郎
14:35-Louie
15:10-花垣亮志


46524156_864606427250438_5766785423640625152_n.jpg
  1. 2018/11/26(月) 13:06:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Heart to Heart

11月11日の海女小屋コンサートは、
主催者スタッフの皆さんのチームワーク
演者のパフォーマンス
オーディエンスの笑顔
で、楽しく終了しました。
お越しくださった皆さん、ありがとうございました。
ゲストで来てくださったAZUMIさんは、
想像していた通り、雰囲気にぴったりだったと思います。
私のギターを触ってもらって魂を注入してもらいました。
そして、前夜名張のライブだったヤスムロコウイチさんが
いきなり私の前に現れた。
私は、今まで出したことのないような声を出して驚きました。
AZUMIさんとヤスムロさんは高校の同級生。
サプライズ登場に、演奏後のAZUMIさんもびっくり。
とても喜んでいらっしゃいました。
私は、お二人がお話されているお顔が大好きです。
ヤスムロさんがステージを見ながら、
「いい感じやなー」
って言ってくださって嬉しかった。
終了後は、座っていた椅子などをみなさんで片付けてくださる。

Heart to Heart

ありがとうございました。

45931646_406677889866730_3359246092892897280_n.jpg


45885839_406677873200065_6862497469943513088_o.jpg

  1. 2018/11/26(月) 13:02:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西岡恭蔵さんのギターのこと

西岡恭蔵さんの残したギブソンのギターに、
ヤイリギター 小池健司氏の開発(共同)した
エアーシステムマイクが付けられていたことは、
以前投稿しました。
サウンドホール内についているマイクを見て驚かれた小池氏。
何十年も前に付けたマイクが、こういう形で戻ってくるなんて
思ってもいなかったのでしょう。
「懐かしい」と何度もおっしゃっていました。
以下、親しみをこめて健さんとします。
エアーシステムというのは、
メインマイクを6本の弦に近いところに設置し、
サブマイクをボディーの中心に設置する。
2つのマイクが、互いの不要なノイズを打ち消しあう。
アコースティックギター本来の音を出すために
1974年、健さんが、スタジオミュージシャンと共同開発したものです。
そして、そのマイクを付けるためにヤイリギターへ行った西岡恭蔵さん。
KUROさんもご一緒だったと聞きました。
このマイクには、エアーシステム専用のアンプが必要でしたが、
恭蔵さんのご実家には見当たりません。
私は、ファンのみなさんに、
このギターは見ていただくだけでいいだろうと思っていましたが、
健さんは、密かにプリアンプを作ってくださっていたのです。
形は初期のものですが、次にできた増幅機能つきのプリアンプです。
金属カバーと違って、木(シャム柿の木を使用)ではノイズを拾ってしまうので、
中に金属塗料を塗ったとのこと。
これが名匠と言われる小池健司さんの仕事です。
技術だけではなく心があります。
これで恭蔵さんのギターは、
新しい時代に、古き良き時代の音を奏でるでしょう。
西岡恭蔵メモリアルコンサートは、
「恭蔵とKUROの音楽祭り 2019 〜アフリカの月〜」
と、正式に決まりました。
2019年4月6日(土)志摩文化会館(詳細は近日中に発表)
是非、皆さんの耳でお確かめになってください。
Facebookページ
https://www.facebook.com/KyozoKuro/?modal=admin_todo_tour


45737646_405276273340225_6712060712778203136_n.jpg


45638230_405276373340215_3913357450295640064_n.jpg
  1. 2018/11/26(月) 12:57:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤイリギターでポール祭り

ヤイリギター日和でした。
到着後、社長が掃除をしていて、
おはようございますを言いかけたところに、
事務所から
「社長 お電話です」
の放送。
私の
「社長、お電話ですって!」
に慌てて水道をとめる社長です。
勝手知ったる裏口からいつも失礼して、
階段を上がればそこはパラダイス。
先日、ポールマッカートニーのことで、
松尾さんが新聞に載っているのを知人が教えてくれたので、
事務所で見せてもらった。
この日の前日、
ポールがヤイリギターを使用した経緯などを
東海テレビが取材に来ていたそうです。
放送は11月9日16時49分からのOneです。
お見逃しなく。
この後、ポールのコンサートに行く私に、
松尾さんが、
「よろしく言っといてね。なんで、もうヤイリギターを使ってないのか聞いといて 笑」
「ほんまですね。聞きたい 笑」
その話を聞いた事務所の森さんが
「いいなぁ。よろしくお伝えください 笑」
「ほんまに。ほんまに。言いたいです 笑」
そして、森さんから社長に伝わり
「それは、よろしくお伝えください!笑」
もう私は表情を変えず
「はい。言うときます」
ヤイリギターでポール祭りでした。
そして健さんは、ニコニコニコニコ。
謎のオブジェのメンテを頼まれて、
サドルを削る機械を動かしていました。
「それに弦張るの?」
とからかう私にニコニコニコニコ。
そうそう、試作品だとおっしゃっていた写真のガット。
これは素晴らしい音でした。
低音が鉄弦より鳴ってた。
まだまだ勉強中と謙遜されますが、
健さんは、1ミリの中で生きている職人です。

45695942_405271266674059_352784743927906304_n.jpg

日本の宝です。
ポールよりカッコいい70代。
まだまだ、これからもよろしくお願いします。
  1. 2018/11/26(月) 12:52:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志摩から大阪日帰りライブ③金森幸介さん

③美濃加茂ワンダーランドは本屋でしたが、
座ってくださいと言っているような大きな机と、
たくさんの椅子があった。
ヤイリギターへ行く前に、
ワンダーランドへも行くようになって
座ってくださいと言われなくても座るようになった。
机の上にある本を見ていたら、
店主の修さんがコーヒーを出してくれて、
いろんな音楽の話を聞かせてくれた。
「金森幸介さんって知ってる?」
とCDをかけてくれる。
私は何も知らないので、
教えてもらうこと全部を素直に楽しく聞いた。
大好きだと熱弁してた。
いつかライブに行ってみてと言ってた。
いつか いつか
もっとはやくライブに行けばよかった。
そしたら、どうやった?って嬉しそうに聞いてくれたのにね。
走ってるつもりで走れていないので、
心斎橋のバーに数分遅れて到着。
座ったとたん、流れてくる曲にもう涙腺が危なかった。
なんやろ。歴史を感じるギターの音のせい?声?
曲?歌詞?
二曲目では、いったん外に出ようかと思うくらい、
涙がこぼれおちるのを我慢する。
いつか いつか
もっとはやくライブに来たらよかった。
終わってから、勇気を出して
大塚さんの伝言を伝えた。
「そしたら恭蔵さんの歌やってよかったなぁ」
と言ってくださって。
よかったです。
恭蔵さんの「子供たちの朝」も、加川さんの「教訓」も。
でも、オリジナル曲をもっと知りたいと思った。
大塚ちゃんのライブ行ってたんやったら、
金曜日貸した2000円返してって
言うてもろたらよかったわって。
CDのお釣りがなくてお困りの大塚さんにお貸ししたそうで、いつまで歌えるかなぁと二人で話したけど、返してもらうまで歌い続けます。
と、MCでおもしろくお話されてました。
ほんまですねって笑いました。
なんだか色気のあるセクシーな方でした。
私は、よろしくお伝えください
という言葉がとても好きになりました。
居ない人からの伝言です。
修さんもよろしくお伝えしてほしいかなって。
大塚さんの歌で、今ある命の尊さを感じ、
金森さんの歌で、現代になくなってきた語らぬ美しさに気づく。
志摩からの日帰りライブでした。
おわり


20181023222137b7f.jpeg

20181023222136be6.jpeg
  1. 2018/10/23(火) 22:27:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志摩から大阪日帰りライブ②大塚まさじさん

②来春の西岡恭蔵さんのメモリアルコンサートのことで、
大塚まさじさんにお話したいことがあって、
出かけられるライブをいろいろ考えてた。
そして、河内長野の醤油蔵ライブに予約を入れた。
お話したいことが・・・
なんて理由があるように言いましたが、
ただ、ただ、大塚さんの歌を聞きたかった。
近鉄 桔梗ヶ丘駅近くの駐車場に車を置き、
急行電車にとび乗る。
大阪の夜のライブでも、日帰りできる私の方法なのです。
せっかくなので、環状線でキタへ行ってちょっとぷらぷら。
その後なんばから南海高野線。
初めて乗る電車にワクワクしたけど、
途中の駅で、叔母が居るところだと気づく。
父が亡くなって疎遠になっているけど、
子どもの時に電車で遊びに来ていた。
高野線だったのか。じゃあ昔乗ってたな。
河内長野に到着。
醤油蔵は、下調べで駅から近いとわかっていたから、
調子に乗ってぷらぷらしてたら、
行き過ぎたのかわからなくなっちゃった。
近くで井戸端会議してたお姉さんたちに尋ねた。
「いや、そこまた戻らなあかんわ」
と教えてくださる。
関西の特徴
「知らんけど」はよく聞くけど、
「いや」もそうだと思いませんか?
梅田でぶつかった時に、私の「すみません」より早く
「いや」って言ってた。
「いや、ごめん、ごめん」と使う「いや」です。
話がそれました。
大塚さんのライブが始まりました。
前夜の志摩プルーフでのライブで、
みんなで「サーカスにはピエロが」を歌って終わったら、
大塚さんの一曲目が同曲でした。
前夜の楽しかったライブにもリンクして、
気持ちがフワフワしました。
月の祭りは、月の中に居るような気持ちになって
私はかぐや姫になりました(イメージです)
そして、10年前に河内長野に移住された、
サキタハヂメさんというミュージカルソー奏者が共演されました。
ノコギリ演奏です。横山ホットブラザーズさんのアレです。
おまえはアホか〜♬のイメージが強かったけど、
ノコギリってこんな繊細な音が出るのかと感動しました。
大塚さんが、風の歌を歌えば風のような音に聴こえて、
虫や花、大地の歌を歌えば、土の香りも感じました。
ライブ後、主催された方がやさしいお顔されてた。
大塚さんのファンって、みなさん素敵な方ばかりです。
お疲れのところを申し訳なかったのですが、
大塚さんに、お話したかったことをわーーーって話して、
「金森幸介さんのライブに行ってきます!」
と言ったら、
「そーかー、よろしく言うといてやーー」
あ!そうだ。倫典さんからの伝言を忘れるところだった。
「お会いしたらよろしくお伝えくださいっておっしゃってました」
「そーか。そーか。そう言うてくれてたかー」
大塚さんの笑顔は本当に優しい。
フワフワしながら商店街を走り(実際は走れていない)
河内長野駅からまたなんばへ。
つづく

20181023221916eb8.jpeg

201810232219186a2.jpeg

20181023221921ddd.jpeg

20181023221922ed2.jpeg
  1. 2018/10/23(火) 22:20:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志摩から大阪日帰りライブ①

昨年、大塚まさじさんから、
「倫典さんによろしくお伝えください」
という伝言をことづかりましたが、
私なんかが間に入ってそんな・・・
と、恐縮しながら倫典さんに伝えた。
「ちゃんと言ってくれないと他の誰も言ってくれないことでしょ」
とおっしゃった。
私が言ってもいいのかと嬉しかった。
先日の倫典さんの志摩プルーフでのライブで、
「来週、大塚さんのライブに行きます」
と言ったら、大塚さんの音楽の話をしてくださった後、
「まさじさんにお会いしたらよろしくお伝えください」
と、おっしゃった。
そして、
「大塚さんのライブの後、金森幸介さんのライブにも、
間に合いそうなので行くことにしました。初めてで楽しみです」
と話した。
「コウスケさんは素晴らしい詩を書かれるねえ」
と、『もう引き返せない』の歌詞の話しになり、
YouTubeでしか聞いたことがない私ですが、
「わかります!そこ胸にぐっときます!」
と興奮した。
昨日は、河内長野の大塚まさじさんと、
心斎橋の金森幸介さんにハシゴLIVEでした。
日帰りで。
つづく。
  1. 2018/10/23(火) 22:16:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎倫典さん志摩ライブ2018 終了

昨夜の岡崎倫典さんのライブにお越しいただいたみなさん
ありがとうございました。
たくさんの方に聞いていただけたのは、
プルーフという音楽を楽しめる場所があること、
そして、マスターのお人柄だと思います。
いつも言っていますが、
場所じゃなくて人。
そして、イベントが多いこの季節のお忙しいなか、
貴重なお時間を作ってくださるみなさんのおかげです。
倫典さんから何かリクエストはありますか?
という今年のアンコールタイム。
倫典さんのオリジナル2曲のリクエストがありました。
嬉しかったです。
倫典さんを知る、倫典さんのファンだからこそのリクエスト曲でした。
亡くなった泊さんの、
倫典さんをもっとたくさんの方に聞いてもらいたい。伝えたい。
という気持ちがつながっているのだなぁと思いました。
それに演奏でこたえてくださる倫典さん。
素晴らしい演奏に感動しました。
お帰りになる前に行く予定だった展望台は、
天気予報を裏切る雨。
今朝は白目むきそうになりましたが、
倫典さんには、雨男体質改善に頑張っていただくとして、
またの楽しみにしたいと思います。
みなさん、最高のオーディエンスです!
本当にありがとうございました!

20181017210203024.jpeg
  1. 2018/10/17(水) 21:02:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

志摩で生まれるギター

どんな自分になりたいか。
というのは、みなさん心の中に持っていることでしょう。

私は数年前から
「現場対応が出来るようになりたい」
を目標にしてきました。

昨日、
「急に時間ができて、志摩に移住してきたギタークラフトマンのところへ行くけどどうですか」
と、電話があった。
待ち合わせまで三時間もない。

頭の中で、仕事から帰ってからのことを素早く計算して
「行きます」
とこたえた。楽しいことは返事もはやい。
これも現場対応(?)・・・ということで。

KIGE工房

クラフトマンには、一度お会いしたことがあったので、
工房へ見学に行く時には誘ってくださいって、
K山師匠(イニシャルの意味あるのか)にお願いしていた。

ワクワクです。

工房内は、所狭しと機械が並んでいて、
見学者3人で、譲り合いながら移動する。
でも、美しく整理整頓されているので、それほど狭さは感じない。
木の香りのアロマに癒されながら、転職された経緯なども聞いた。

人は、それぞれ人生に転機があるのだろうけど、
好きなことは初めてみた方がいいに決まっている。

音楽を始めてみたい・・・
そんな方は、まずはいい楽器が必要です。
好きなことを仕事に選んだクラフトマンの、
ギターやウクレレはいかかがですか。
志摩の波の音や、潮の香りまで感じられる気がします。
思いきって動き出せば、ビッグウェーブにのれるかもしれません。
注:クラフトマンは、休憩時間はサーファーになります。

そして、私の人生を変えてくれた方のひとり、
志摩の若大将との楽しいお話は、
笑いの中にも身の引き締まるようなことばかり。

また現場対応させてください。

でも、工事現場には呼ばないでください。
黄色いヘルメットを持っていないので。
というか、ライブで現場対応できるようになれってことですね。

そこを早めに気づかれていた方は、
きっとツッコミ検定上級者です。

家事、育児、仕事だけをしてきた一般的な主婦の私が、
ここ数年、プロミュージシャンのお手伝いをさせていただいたり、
歌わせていただく機会をいただいたり、人生が激変してきました。

関わらせていただいている方々は素晴らしい方ばかりで、
心の底から自慢したい気持ち。
でも、それは私のことではない。

そのことを心に置いて、
驕らず感謝し、秋のイベント現場に突入したいと思います。

20180828122341535.jpeg



  1. 2018/08/28(火) 12:24:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ANNSANとの約束


2回?


2回だ。


どう考えても2回だけです。

志摩にライブに来てくださって、
その後、季節の挨拶などしながら、
どこか心の中にいてくださいました。

また志摩に行きたいよ

って、いつも言ってくださっていたけど、
それから数年が経った。


ANNSAN、私が九州へ会いに行きます。


と、五月の始め、会いたい時に会ってきました。


ライブ会場に、
荷物を搬入する時も一緒に居させてもらって、
私も運ぶ。運びたいー。
って言ったら、
笑いながら軽いものから渡してくれた。

リハも聞かせてもらって、
手に付けていたFINGER SHOTを
私も帰ったら買って真似するー
って、周りでチョロチョロ子どものような気分で
はしゃいでた。


どう考えても、お会いしたのは2回だけ。

おかしいなぁ。もっと会ってる気がするのに。


そして、3回目が決まっていました。
来年はゾウさんのメモリアルコンサートへ行くよ!
って・・・。


その言葉が最後になるとは思いませんでした。
わたしでさえこんなです。
親しかった皆さんは、どれほどお辛いか・・・


来春の西岡恭蔵さんのメモリアルライブ
必ず成功させます。

約束通り、ステップワゴンに
いっぱい荷物積んで、志摩まで来てね!
ANNSAN!

必ず来てくださいね。

約束

忘れません。

20180818222514ed9.jpeg

2018081822251616e.jpeg


  1. 2018/08/18(土) 22:36:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤスムロコウイチさん 志摩ライブ終了しました。

生きていてよかったなぁと思いました。
ヤスムロコウイチさんと夢のようなユニット
「スカジャンズ」

ヤスムロさんの、サービス精神旺盛なところと、
プロミュージシャンとしての包容力を感じました。
感性にも魅了されます。

20180818222513d50.jpeg





そして、ヤスムロコウイチさんのライブに、
暑い中、お盆のお忙しい中、
たくさんの方にお越しいただき感謝の気持ちでいっぱいです。


私が好きなミュージシャンの歌を、
みなさんが、好きになってくださることがとても嬉しくて、
こんなことをやっているのだろうな。

楽しそうにしてくださると、本当に嬉しいです。


2018081822251120e.jpeg

お越し下さったみなさん、
ありがとうございました。
  1. 2018/08/18(土) 22:30:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOBIhostel 主催 AZUMIさんのライブ

昨夜の
TOBIhostel 主催
AZUMIさんのライブにお越し下さったみなさん
ありがとうございました。

みなさんと、AZUMIさんの大切なお時間をいただいて、
ねこのねごとでオープニングアクトを務めました。
私の歌でいいのかー、と不安でしたが、
両隣に経験豊富な方々がいてくれるので、
楽しく歌いきれました。
伊勢 鳥羽 志摩で活動している4人。
亀ちゃん、シンさん、吉田さん
ありがとうございました。

そして、AZUMIさんの歌。

リハの時に一瞬だけ「6月25日」のイントロが聞こえてきて期待。
リハで弾いて本番弾かないパターンあるけど、
聞けて嬉しかった。
「天王寺」も「播州平野に黄砂が降る」も聞けました。
「何も考えない」も素晴らしかった。

ブギウギぼーいずのDVDにサインをいただけた。
ヤスムロさんとAZUMIさんのサインが並ぶなんて最高です。
平山は私のあだ名?

ライブ後話した、スーパー玉出のこと。
紅生姜の天ぷらのこと。
アズミさんが、ツイッターでよくつぶやいてる
イトメンのちゃんぽん麺のこと。

ちょっとでも盗みたいと思ってた6月25日のギターは、
どう弾かれているのかまったくわからなかったけど、
大阪の話はめちゃくちゃよくわかりました。
楽しかった。

そして、主催のTOBIさん
とても頑張っています。

聞きにきてくれた方が、
音がよく響いて、いい空間だとおっしゃっていました。

何かイベントを考えている方は
ご相談されてみてはいかがでしょうか。

喜子さん、ご縁をありがとうございました。
また楽しい時間を一緒に過ごさせてください。

男女の性別関係なく、
人は人とつながっていると安心です。
せっかく生きているのだから、
人のチャーミングなところを感じて、

「ふふふ」

って笑顔でいたい。

お越し下さったみなさん
本当にありがとうございました。



201807231753508c4.jpeg
  1. 2018/07/23(月) 17:54:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:124
次のページ