MY HOME TOWN

志摩の暮らし

11月11日 ヤスムロコウイチさんの志摩ライブ

11月1日、年賀ハガキが発売されました。
新年の挨拶をしたばかりな気がするのに
もう・・・。

いい大人になるまで気がつかなかったのだけど、
年賀ハガキと年賀状は、
まったく違うものです。

日本郵便株式会社が発売している
お年玉付郵便葉書が年賀ハガキ。
年始の挨拶状全般を年賀状。

だから、今言ってしまいがちな
「年賀状を買う」
というのは間違いです。

そんな年賀状、
今は、メールやSNSで済ませてしまえるので、
書く人が減ってきています。

私も、年末はバタバタしていて、
年が明けてから、
いただいた年賀状に返事を書くというのが、
数年続いてしまいました。
それも、疎遠になっている古い友人への
安否確認のような文章。
今年こそは、はやめに・・・
という気持ちです。

もう、ご存知の方が多いかと思いますが、
年賀ハガキの切手のイラストは、
とても凝っています。

2003年は、ヒツジがマフラーを編んでいる。
2015年は、同じヒツジが、編みあげたマフラーを首に巻いている。

2004年は、一匹のサルが温泉に入っている。
2016年は、小さな子ザルが一緒に入っていて、家族がふえている。

こういうのを知ると、
なんだか、年賀状を書きたくなる・・・
という気持ちになります。
気持ちはいっぱいです。


年末の忙しい時期以外には、突然手紙を書いたりします。
文房具が好きで、筆記用具もけっこうあります。
メールで済ませてもいいような、
何でもないことを書くだけですが。

お気に入りの便箋に文字を書き始めると、
友だちにちょっと愚痴でも・・・
と思っていたのに、途中で前向きな気持ちになるから不思議です。
郵便局に行ったらかわいい切手があって、
思わず買ってしまいました。
おにぎりが食べたくなる!
あ、ちがう。手紙が書きたくなる!

201711081807537d0.jpg

そんな雨の日もいいもんです。


※個人の感想です。
日本郵便のまわしものではありません。



11日(土曜日)は、ヤスムロコウイチさんのライブです!!
鵜方プルーフ 20:00から
ご予約いただいている方、
ありがとうございます。
形のないものを買うのは難しい時代です。
今回も、人と人との繋がりに感謝です。
「形のないものこそ必要なもの」
と思っていただいていると信じています。
よろしくお願い致します!



201711081807566db.jpg
  1. 2017/11/08(水) 18:09:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第二次思春期

仕事終わって買い物
両手いっぱいに荷物を持って
見上げる夕方の空は
心が冷え切って淋しくなる

やっと晴れた日の朝
何度も何度も洗濯物を干し
澄み渡る空を見ていても
息苦しいほどに悲しくなる

これは第二次思春期の症状か

第一次思春期と違うのは
時の経つ速度
そして
女としての感情は頓死状態になる
本屋で若い俳優の写真集をみてドキドキしていたのは
駐車場から早足で歩いてきた
動悸息切れだったと知るのだ


これからです
人として一番輝いていられるのはきっと
人生の醍醐味を感じるのはこれから


第二次思春期の私が、
第一次思春期真っ只中の地元の中学生にギターを教えます。

今週末、文化祭の日の文化講座で。

もう10年近く行ってるかな。
私が教えられることは何もないけど、
地元のおばちゃんが行くことに意味があると信じて
今年も引き受けることにした。


ギターを持ったら不良になる時代ではありません。
ステージママという言葉があるくらい(これももう古いか)
親も一生懸命ギターを教える時代です。

何かに夢中になれば、
辛い時も救われることがあると
わかっている親がいる時代です。

ギターを好きになってくれるきっかけになれば
と続けてきました。

201710262138296a6.jpg
  1. 2017/10/26(木) 21:38:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 岡崎倫典


今夜は倫典さんのCDを聴いています。

岡崎倫典さんがアレンジした
フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集
珠玉のメロディ20
5年ぶりとなる最新作です。

過去の同シリーズで絶版になっているものは、
価格が高騰して手に入りにくくなっているほどの人気です。

譜面集というと、ギターを弾く人が購入するものだと思われますが、
倫典さんの模範CDがもれなく付いてきて、
これをきくだけで、もうお値段以上の価値なのです。

倫典さんのアレンジは秀逸だと思います。


2017年9月13日発売 定価:本体2000円+税
【収録曲】
デイドリーム・ビリーバー●ザ・モンキーズ
あの時君は若かった●ザ・スパイダース
また逢う日まで●尾崎紀世彦
ケアレス・ウィスパー●ワム!
初恋●村下孝蔵
北国の春●千昌夫
オネスティ●ビリージョエル
ウィズアウト・ユー●ニルソン
真夏の果実●サザンオールスターズ
また君に恋してる●ビリー・バンバン
ゴッドファーザー 愛のテーマ●ニーノ・ロータ
赤とんぼ●山田耕筰
夜想曲 第2番 変ホ長調●フレデリック・ショパン
ウイスキーが、お好きでしょ●石川さゆり
セプテンバー●アース・ウィンド&ファイアー
ロビンソン●スピッツ
昴●谷村新司
イマジン●ジョン・レノン
雪の華●中島美嘉
蛍の光●スコットランド民謡


倫典さんの歌声を聞いてみたいと、
いつも、少しでいいので歌ってみてくださいと
お願いしてみるのですが、
歌は事務所NG?(笑)だそうです。


でも、きっと心の中で歌われるんだろうなぁ。
ギターが歌のようなんです。

心があるんです。



幼い頃、父の留守に、
父が大事にしていたレコードプレーヤーを使ってた。
ゴッドファーザーを聞くのが大好きでした。


今、倫典さんのゴッドファーザーを聴いていると、
誰かに守られている匂いの物置部屋の隅にいる私が、
わくわくしながらレコードに針を置いています。



どなたでも、タイムスリップできる曲ばかりだと思います。
Amazonで発売中。
もしくは、ライブで購入してサインをいただけたら、
それは、きっと最高の夜です。




  1. 2017/10/25(水) 12:31:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

吉田賢治さん銅版画展〜ずっと海女を描いていた〜

津市の三重画廊で、
〜ずっと海女を描いていた〜と題した
吉田賢治さん(志摩市)の銅版画展を開催中。
10月1日(日)17時まで。

新しい作品の
その色に、思わず声を出してしまいそう。
『海の宙』

これは、
『流れはたえずして』
という作品からつながっていると、
丁寧な口調で説明してくださいました。

花が落ちる姿から「死」を連想し、
海女の姿に「生」という死生観を表現。
この作品を、私が文章にするのは不可能だった。

静けさと寂しさ、力強さとやすらぎ、
鑑賞する人が、どのように受けとめるのか、
それは無限にある気がする。

※画像掲載許可をいただきました。
20171002130028ff9.jpg
  1. 2017/10/02(月) 13:01:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤスムロコウイチさん 志摩ライブ決定!

ヤスムロコウイチさんのライブが決まりました。
一度目のライブから帰った時に、
「夜を見てた」を何回も聞いて、
一週間後には、レスポールを弾いて歌いました。
その曲をまた好きになった人がいました。

二度目のライブでは、
志摩でも歌ってくれたらいいなぁと思いました。
一年後でもニ年後でもいい・・・・
と思っていたけど、
スケジュールびっしりの中、
11月に来てくださることになりました。

その話をぽろっとしたら、
春一番コンサートで何度も聞いている方が、
「おれ、絶対行くで」
と言いました。
ライブ告知前にもうご予約いただいちゃっています。

そんなヤスムロさんの魅力を、
二回聞いただけの私が語るよりも、
ライブに来て知ってみませんか?

岡野は、おもしろいことのハードル高いです。
なかなか笑いません。
そんな私が涙流して笑いました。
もちろん、歌もギターも引き込まれます。
ヤスムロさんにしかない世界です。

ライブが決まってから、
ホームページで経歴を拝見しました。

すごい人やった。

どうしよう。

二回目のライブで、
物販用の敷物がくちゃくちゃだとダメ出ししてしまいました。
私の悪いところです。
私は、安倍総理に話しかけられても、
滑舌悪くて何言うてるかわからへん!
と言いそうです。

そんな失礼な私。
それでも来てくださるそうです。

また聴きたい
また会いたい
と思った方と、意外に早くお会いできることになり、
とても嬉しいです。

同級生の栗林くんがつないでくれました。

ヤスムロさんのライブ前に30分ほど、
同級生共同企画としてO/Aします。
栗林くんが歌います。
シンさんと亀ちゃんと私で
「ねこのねごと」という
シブいユニット組んでます。
全部ひっくるめておもしろいので
是非、お越しください。
ヤスムロコウイチさん、
近距離で見れます。聴けます。

20170908173332474.jpg



  1. 2017/09/08(金) 17:34:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
次のページ