MY HOME TOWN

志摩の暮らし

人を変える力

昨年の岡崎倫典さんのライブは、
台風の大雨の中開催。

4回目の今年のライブもよく降ったな。

倫典さんは、
志摩市の星空を見たことがないそうです。

MCのなかで、
「翌日は釧路でライブです」
とおっしゃってましたが、
今朝、天気予報を観たら、
北海道だけ雨でした。
ご一緒に移動されたようです。

パーカッションの土屋祐介さんとのライブは、
息をするのを忘れ、
体が前にのりだしてしまうほどの迫力だった。

初めて来られた方に
「来年も教えてほしい!」
と言われて嬉しかったな。

4回全部来てくれている人も
「来年も必ずくるから、もう予約しとく」
なんて笑顔で言ってもらって最高!

私がライブスタッフとして動いているのを見た次女が、
「そういう星の下にうまれてきたんやね」
と言った。

自分のお腹から生まれた娘に言われたくないけど。


倫典さんに「人を動かす力」がある
と前回のブログに書いた。

でも、ライブが終わるといつも気がつく。

倫典さんの曲に励まされ、
倫典さんの言葉に感動する。


人のために動いてるんじゃない。
全部自分のため。

倫典さんから聞いた話しの中で、
とても興味深いことがあったので、
図書館で本を借りた。

昨日の朝の自分と、
今日の自分が変わっている。



「人を変える力」

ってことかな。


次回は「人を癒す力」の予定です。
  1. 2012/10/29(月) 22:06:43|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人を動かす力

動いてます。


人を動かす力のある人は、

年を重ねてもえらそぶらず、

どんな人にも態度を変えない。


本当に大きな力がある人は、

大きなところは見せない。


その人柄に惹かれて
私は動くのだと思う。

日本を代表するギターリストだから、
ギターファンの男性たちには
神様のように思われている岡崎倫典さん。

私はそんなことはすっかり忘れてしまって、
寄席で落語を聞いているような気分になってしまうときがある。

楽しくて魅力的な倫典さんと、
笑顔のすてきなマネージャーさんが、
また元気に遊びに来てくれる。

そういう感覚で、私は動いています。

そして、今年は土屋祐介さんという奏者が、
初めて志摩を訪れてくれる。
また志摩で演奏したい!
と思ってもらえたらいいな。


20121004_201747.jpg
  1. 2012/10/26(金) 21:12:50|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎倫典さん 志摩市でライブ!

岡崎倫典さんのLIVEが近づいてきました。

今年で4年目になりますが、
スタッフを続けてきて、
一番嬉しいことは、
楽しみに待っていてくださる
ファンの方がいらっしゃることです。

一回目は、私自身が倫典さんを知らなかったので、
一緒に聞いてみない?と声かけしました。

一度聴いて、すっかり倫典さんの世界に魅了されてしまった私。
伊勢、鳥羽、志摩でそんな方たちが少しずつ増え、
本当のファンができたこと、、、
それが一番嬉しいことです。


今回は、ポスターを貼りますよ!と、
私のブログにコメントをくださった方とのご縁がありました。

倫典さんのLIVEも来てくださっていたし、
私の演奏も聞いてくださったことがあるとうかがいました。

伊勢市神久の
KPSスクールというウクレレ教室を主宰されている方が、
教室にポスターを貼り、
生徒さんにおすすめしてくださっています。

image.jpg

image_20121020211506.jpg

そして教室のお隣の
ダイニングken's庵
にも貼ってくださいました。
ありがとうございます!

image_20121020211537.jpg

コンサートを中心に活動されているミュージシャンは、
やっぱりLIVEで聴かないと!
って思うんです。

チケットを持った瞬間から、
当日までの時間。

開場、開演の瞬間。

終了後の余韻。

このすべてを感じてほしいんです。

20121004_201747.jpg






  1. 2012/10/20(土) 22:41:34|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月28日 志摩市で岡崎倫典さんのLIVE!


20121004_201747.jpg



ポスター貼ってもいいよ!

と、メールを頂いています。
うれしいです。
ありがとうございます!

週末、志摩町まで行きますので、
「うちも貼ろうか?」
というステキな情報があればお待ちしております。
  1. 2012/10/04(木) 21:15:47|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男性ファンが多い岡崎倫典さん!

うれしい話しを聞いた。

岡崎倫典さんのライブを手伝ってほしいと言われ、
倫典さんのことを知らないまま、
チケットを手に、声をかけてまわった三年前。


たくさんの人が来てくれた。

こんな時は
「ギターに興味なさそうだな~」
とか勝手に決めつけず、
ひたすら声をかけ続けると、
「主人が、友だちとギターをよく弾いてるから、言ってみるわ」
とつながっていくのだ。

そのご主人とお友達の話しです。


奥さんから話しを聞いて
「行く!」
と、すぐに返事をしてくださったそう。


それから三年間、
毎年、早くに到着して、
開場入り口でそわそわ待っていてくれる。

昨年の3回目のライブ後には、
申し訳なさそうに、
「写真撮ってもらっていいのかな」
と言うので、
倫典さんに来ていただいて私がシャッターをおす。

男性3人がそろって
「パソコンの壁紙にしていいですか~」
って、あんまり嬉しそうなんで、
こちらもジーンときてしまった。

その中の一人が、
「City Of Tokyo」という曲が好きで、楽譜を買った。
「練習します」
と、倫典さんに言っていた。




奥さんに久しぶりに会って話しを聞いたら、
「あれからすぐに『City Of Tokyo』をコピーして、
うちへ来て弾いてたよ」
とのこと。


その曲は難しいのになぁ。
すごいなぁ。


口では
「ギターを聴きに行くんやから、後ろの席でいいんや」
と言っていたのに、
見た事もない素早い動きで、
一番前の席をとっていた。
「子どもみたいや」
と呆れて笑う奥さん。

このご時世、娯楽にお金を遣うというのは大変なことだ。
親の介護もある世代。
ありがたいなぁと感謝の気持ちでいっぱいになった。


今年は、イスが足りない~~
ってほどにしたいのです。


まだ、何も決まってないんですけどね、、、ははは。
  1. 2012/02/21(火) 23:51:39|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ