MY HOME TOWN

志摩の暮らし

人を癒す力

素晴らしい方との出会いがあったのは、
自分が切り開いて得たものだと、
変な自信を持っている。

私の財産なので、親子といっても、
そう簡単に与えてはいけないと思っている。

でも、私にも出会わせたくれた人がいるのだから、
ちょっと幸せを分けてあげるくらいなら。。。


と、息子を連れてヤイリギターへ行った。

私はいつも、一番奥の作業場で
静かにお仕事を見させてもらってるだけですが、
今回は、息子が一緒だったので
ショールームも見せていただいた。

いろんなギターが置いてあるので、
「これも弾いていいですか?」
「これもいいんですか?」
と、次々と手に取って弾いている息子。

「いいよぉ〜」
と笑顔の小池さん。

20121027_154517.jpg

帰りの車の中で嬉しそうに、
「今度はいつ行く?」
と聞く息子に
「今度のこと聞くと、いつも『わからん!』っていうの誰や!」
と返しておいた。

親子で温泉治療。
体の芯までぽっぱぽか。
私の一番癒される場所です。

そして「人を癒す力」を持っているのは、
ヤイリギターの小池健司さんでした。

20121027_162540.jpg


人を動かす力のある人
人を変えることのできる人
周囲を楽しませてくれる人
和ませてくれる人


相手を思いやることができない人
場の空気がよめない人

いろんな人がいるけど、
それが社会。

私は、

「どんな人にも対応できる人」

になれたらいいな。


















  1. 2012/10/30(火) 21:09:45|
  2. ヤイリギター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人を変える力

昨年の岡崎倫典さんのライブは、
台風の大雨の中開催。

4回目の今年のライブもよく降ったな。

倫典さんは、
志摩市の星空を見たことがないそうです。

MCのなかで、
「翌日は釧路でライブです」
とおっしゃってましたが、
今朝、天気予報を観たら、
北海道だけ雨でした。
ご一緒に移動されたようです。

パーカッションの土屋祐介さんとのライブは、
息をするのを忘れ、
体が前にのりだしてしまうほどの迫力だった。

初めて来られた方に
「来年も教えてほしい!」
と言われて嬉しかったな。

4回全部来てくれている人も
「来年も必ずくるから、もう予約しとく」
なんて笑顔で言ってもらって最高!

私がライブスタッフとして動いているのを見た次女が、
「そういう星の下にうまれてきたんやね」
と言った。

自分のお腹から生まれた娘に言われたくないけど。


倫典さんに「人を動かす力」がある
と前回のブログに書いた。

でも、ライブが終わるといつも気がつく。

倫典さんの曲に励まされ、
倫典さんの言葉に感動する。


人のために動いてるんじゃない。
全部自分のため。

倫典さんから聞いた話しの中で、
とても興味深いことがあったので、
図書館で本を借りた。

昨日の朝の自分と、
今日の自分が変わっている。



「人を変える力」

ってことかな。


次回は「人を癒す力」の予定です。
  1. 2012/10/29(月) 22:06:43|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人を動かす力

動いてます。


人を動かす力のある人は、

年を重ねてもえらそぶらず、

どんな人にも態度を変えない。


本当に大きな力がある人は、

大きなところは見せない。


その人柄に惹かれて
私は動くのだと思う。

日本を代表するギターリストだから、
ギターファンの男性たちには
神様のように思われている岡崎倫典さん。

私はそんなことはすっかり忘れてしまって、
寄席で落語を聞いているような気分になってしまうときがある。

楽しくて魅力的な倫典さんと、
笑顔のすてきなマネージャーさんが、
また元気に遊びに来てくれる。

そういう感覚で、私は動いています。

そして、今年は土屋祐介さんという奏者が、
初めて志摩を訪れてくれる。
また志摩で演奏したい!
と思ってもらえたらいいな。


20121004_201747.jpg
  1. 2012/10/26(金) 21:12:50|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再会

先日、長旅から帰ってきた私は、
カン太と10年ぶりの再会のように抱き合いました。

私じゃないとダメなんです。

彼にはそういう時間があるのです。

台所で洗い物をしていると、
「アワアワアワ」
と呼ぶので、まず長女に
「ほら、カン太が呼んでるから、かまったって」
と言うと、またかというような顔をして
「どした〜〜ん」
とカン太に走り寄る。

するとカン太の形相が狼のようになり
「ガゥゥゥ」
長女が
「なんじゃ〜、もう知らん!!」
と戻ってくると、また
「アワアワアワ」
と呼ぶ。

次女に、
「ほら、カン太が呼んでるやろ!」
と言うと、また、そのくだりですか、、、
とつぶやきながら、
「どした〜〜ん」

カン太が
「ガゥゥゥゥゥ」

そこで私の出番。

「どした〜〜〜ん」

「クゥ〜ン、クゥ〜ン」

「しょ〜か、しょ〜か、よしよし」

と、私じゃなきゃだめなのを娘たちに強調すると、

「あ〜、めんどくさっっ!!!」
と怒る。

ええやん。
この世の中で、
こんなにいとおしい眼差しを私にむけてくれる異性は、
カン太しかおらんねん。
ふふふ。
  1. 2012/10/25(木) 20:24:38|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡崎倫典さん 志摩市でライブ!

岡崎倫典さんのLIVEが近づいてきました。

今年で4年目になりますが、
スタッフを続けてきて、
一番嬉しいことは、
楽しみに待っていてくださる
ファンの方がいらっしゃることです。

一回目は、私自身が倫典さんを知らなかったので、
一緒に聞いてみない?と声かけしました。

一度聴いて、すっかり倫典さんの世界に魅了されてしまった私。
伊勢、鳥羽、志摩でそんな方たちが少しずつ増え、
本当のファンができたこと、、、
それが一番嬉しいことです。


今回は、ポスターを貼りますよ!と、
私のブログにコメントをくださった方とのご縁がありました。

倫典さんのLIVEも来てくださっていたし、
私の演奏も聞いてくださったことがあるとうかがいました。

伊勢市神久の
KPSスクールというウクレレ教室を主宰されている方が、
教室にポスターを貼り、
生徒さんにおすすめしてくださっています。

image.jpg

image_20121020211506.jpg

そして教室のお隣の
ダイニングken's庵
にも貼ってくださいました。
ありがとうございます!

image_20121020211537.jpg

コンサートを中心に活動されているミュージシャンは、
やっぱりLIVEで聴かないと!
って思うんです。

チケットを持った瞬間から、
当日までの時間。

開場、開演の瞬間。

終了後の余韻。

このすべてを感じてほしいんです。

20121004_201747.jpg






  1. 2012/10/20(土) 22:41:34|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カン太の誕生日

今日はカン太の誕生日。

生まれて数ヶ月の頃は、私がパソコンをしていると、
見上げてクンクン。
膝にのせるとスヤスヤ。

少し、大きくなってからは、
育て方が悪かったのか、
凶暴犬になってしまった。
4人目はぐれたなと周囲に言われるほどで、
今も人には近づけられません。

今日で6さい。

私を呼ぶ時の声があって、私じゃなきゃダメな時があって、
私はもう、自分のお腹を痛めて生んだんだと思っているくらい。


なのに、私の年を追い越してしまうなんて、、、、
そんなの、受け入れられません。


昔投稿したカン太の画像
http://plaza.rakuten.co.jp/KK4693/diary/200712110000/
  1. 2012/10/07(日) 22:18:28|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ならフォーク村のコンサートのお知らせ

ならフォーク村さんのコンサートのお知らせです。

私が生まれた所のすぐ近くです。
楽しそうで、いつか行ってみたいと思ってるコンサートです。
そして、いつか志摩にも来ていただけたらなって思っています。


2012年10月8日
14:00~19:30
入場無料(出入り自由)
天理楽器橿原店(最寄り駅八木)


20121007_215018.jpg
《PDFできれいなポスターで送っていただきましたが、
JPGにしましたので見にくくなっちゃいました》


  1. 2012/10/07(日) 22:02:20|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本人確認〜某携帯会社でのこと〜

仕事の帰りに、
機種変更をしようと某携帯会社に行った長女の話しです。


うちの家族は、某携帯会社鵜方店のお兄さんが大好きです。
淡々とこなす仕事の中に優しさがある。
私と話しながらも、隣で接客している部下?を気にかけ、
ナイスタイミングで助け舟をだす。
子どもたちにもよく、あのお兄さんみたいな仕事をしなきゃ!
って言っている。

そのお兄さんは、すでに受付で接客中。
後ろで待っていた長女が、いつもと違う空気に気付く。

二人連れの客が怒っているようなので観察してみると、
離婚する夫婦のよう。

もうお気づきでしょうが、
今は、本人確認の厳しい時代で、
家族割引や解約も本人が行かなければいけないのだ。

「今なら解約金をいただくことになります」
「えーーー、なんで(怒)」
「◯月に解約していただくと解約金はいらないんですが」
「◯月にまたふたりでくるんですか???(怒)」
「そうですね。ご本人が、、、」
「今すぐ解約してください!!!」
その間、夫婦らしき二人は紙に書いたメモで会話をしている。

長女は、
「またふたりでくるんですか???」
に、たまらなくなって、
ふきだしそうになる顔を、隣にあったパンフレットで隠したらしい。

夫婦(もう夫婦じゃないかもしれない)が帰ったあと長女が、

「大変でしたね」
と、お兄さんに声をかける。
「いえ、いえ、、、で、今日は何ですか?」
「機種変更したいんです」
「その携帯ご本人の名義でしたか?」

仕事のできるお兄さんなので、
なんとなく気付いたのかもしれない。

「あ、弟の名義、、、」
「じゃぁ、ご本人がいらっしゃらないと」
「そうですよねぇ。。。私は30分ケンカを見に来ただけでしたね。。。」
「そうですね。。。」


人の不幸をおもしろがっているのではありません。

こういうこともあるんだなって話し。
本人確認は厳しくして当然だけど、
融通がきかなくて不便なこともある。
便利なのか不便なのか、わからない時代だな。



  1. 2012/10/06(土) 20:56:04|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年10月28日 志摩市で岡崎倫典さんのLIVE!


20121004_201747.jpg



ポスター貼ってもいいよ!

と、メールを頂いています。
うれしいです。
ありがとうございます!

週末、志摩町まで行きますので、
「うちも貼ろうか?」
というステキな情報があればお待ちしております。
  1. 2012/10/04(木) 21:15:47|
  2. 岡崎倫典さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0