MY HOME TOWN

志摩の暮らし

常連わいわい会

一週間ほど前に企画(というほどのものじゃないけど)した、
プルーフ常連のわいわい会。
フェイスブックの輪で、初めての人も訪れてくれた。
それから、私なんて常連といえないくらいの、
昔からの常連さんもいた。

この方、以前私の歌を聞いて、
「七つの水仙」やってみ。
と言ってくれたKさん。
約1年ぶり(とKさんは言うけどそんなに会ってなかったかな?)に会って、
聞いてもらうことができました。

「声にあってる。これからの季節、その歌したらええよ」
と言ってもらってうれしかった。
ベーシストでギターの練習も続けている。
若い人に音楽のアドバイスができる。
こんな風に年齢を重ねられる人は魅力的です。


初めての方の演奏は、鳥羽の楽しいご当地ソングや、
ポプコン出場経験者の素敵なオリジナルソング。
(友人は「CDほしいわ」と言っていた)
それから、音楽事務所に所属する松阪からのNoryさん
この方、久々におもしろい人に会ったと思った。

いろんなおもしろさがあって、
私が大ファンの秋本節さんなんかは、
しゃべらなくてもおもしろい。
これ上級のおもしろさ。

Noryさんのおもしろさはなんだろう?
思うままに素直にぶつかってくるので、
こちらも一生懸命聞く。
これは会わないと感じられませんね。

みなさん、心に響いてくる歌声で、
また聞きたい!と思う方ばかりです。

画像はこちら


そして、嬉しかったのは、
フェイスブックつながりの女性も来てくれていて、
私の文章をほめてくれた。
「私なんて、あんなにうまく書けなくて」
って言うけれど、
言葉で伝えることの方が難しいことだ。
私はまたその言葉で頑張れるんだから、
演奏や文章じゃなくても、
すてきなものを持っている女性だと思うのです。

友人たちも来てくれて、楽しい夜はあっという間。
きれいな月にパワーもらって、
そろそろ動きださんとなぁ。
















  1. 2013/09/22(日) 10:43:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸術の秋

吉田賢治さん、山田久仁夫さんの2人展へ行きました。

600625_520968977992179_1401823989_n.jpg



一緒に行った友人が、帰りの車中で言った。
「さださんのコンサートの後の満足感と同じ」

大好きな、さだまさしさんのコンサートの後と同じくらい、
心が満たされた。

その言葉で、私は

版画も水彩画もLIVEだ!

と思った。

明日は、アコースティックギター1本で、
ビートルズの曲を再現する
「ひとりビートルズ」
告井延隆(つげいのぶたか)さんの
LIVEがあるそうです。

芸術の秋満喫!!

  1. 2013/09/13(金) 22:40:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

誕生日

笑い話を一席、、、

今日は、他県の友人と会った。
末娘の誕生日を忘れていたらしく、前日に
「私、明日誕生日なんやけど」
と言われたそうだ。

彼女は仕事がハードなので、
仕方がないと思う。

私も、記念日を覚えるのは得意ではないので、
「忘れたなんてかわいそう〜」
などと責めたりしない。

帰りにチョコを買って、
「これ、おめでとうって渡して。私からって3回言うといてや」
と別れる。


帰って、バタバタ用事を済ませて、
晩ご飯が終わった頃、長女が帰ってきて、
「今日さぁ、、、」
「何?」
「今日、わたし誕生日」

「え〜〜〜〜〜〜〜!!」


先ほども言いましたが、
私は、記念日を覚えるのは得意ではありません。

ドラマで
「あなた、今日は何の日か忘れたの!」
と、結婚記念日をアピールする女性を、
「めんどくせっ」
などと思ってしまうのです。
(本性がバレるな)

でも、さすがに、子どもの誕生日だけはね、、、
忘れたことなかったのにね、、、
しかも、今日は散々「誕生日」というワードが出ていたのに。

友人に、そのことをメールして、
もらったお土産を、
「長女にやっとくわ」
と言ったら、
「私からやって3回言うて」

座布団3枚




本性がバレた(?)ついでにもう少し。


フェイスブックやツイッターなどには、
どうしても、いいことを選んで書くので、
自分を大きく見せがちです(私は)

ここ数年、
音楽関係の人と知り合いですごいなって
思われることがある。

でも、私がすごくもなんともない。
このことを、自分自身が勘違いしないようにしなくてはと思う。

このフェイスブックの情報というのも、
初めて誰かに会う時には、
「いらない情報」なのかも。


初めて会う時には、先入観なしで、
そのまんまで会えるといいな、、、
と思いながら、
長女に
「誕生日やし、しゃーないし冷酒飲むわ!!」
って白目むいて言ったら、
「あほか」
と、言われました。

こんなんです。毎日。
  1. 2013/09/12(木) 23:12:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピックと「風立ちぬ」

TOKYOに決まった瞬間から、
勝手に開会式の心配をし始めた。

中居くんの「あぁれぇかぁらぁ〜♪」
って、ソロから始めるのもおもしろいんちゃう?

う〜ん、ロンドンのように、
世界的なスターを、、、

う〜ん、、、

そこで、長女がひと言
「日本といったらアニメやろ。宮崎駿監督!」

なるほど。
あの映像の美しさには、きっと世界中が感動するよなぁ。

でも、
今回の映画は5年かかったから、次回は7年かかるだろう
って、引退記者会見で言っていた。

「そしたら、今すぐ、引退を撤回してもらわな間に合わん!」
などと、お茶の間で勝手に盛りあがったのでした。



そして、ジブリファンの長女が、よかったから観といた方がいいと言う
「風立ちぬ」を、ようやく勢いで観に行った。



宮崎駿監督が、引退の記者会見を開いた次の日(だったかな)
の中日新聞。


ートトロは「雑草という草はない」という昭和天皇の言葉のように、
雑草一本まで日本の自然を描いた作品ー
                 *「中日春秋」引用


映画を観終えるまで、この言葉が頭から離れず、
「風立ちぬ」も、映像の美しさに魅了された。
情報として知ってから観たのはよかったと思った。


反対に、日本禁煙学会がクレームをだしたタバコのシーン。
《このことかぁ。あ、ここもかぁ》
と、考えてしまい、
こちらは観る前に聞きたくない情報だったな。



我が家の子どもたちは、宮崎駿作品を観て育ち、
私の世代もそうだったということが後からわかる。

同じ時代に生まれてきたことはとても幸せなことだったんだな。


「う〜ん、もう一本!!」

お茶の間で勝手なこと言っても無理なんだけど。











  1. 2013/09/12(木) 20:21:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロックSAX


古村敏比古さんといえば、
ロックSAX奏者。

10年以上前になるかな。
梅田のライブハウスへ聴きに行ったことがある。

こんなに近くに来られるなんてすごいなぁ。
この日は行けないけど、なんだかうれしい。

今でも「終りなき疾走」のイントロ
テナーSAXのあの歪んだ音(表現あってるかな)
が耳に一音一音確実に残っている。

私の青春時代の「音」です。

写真-48

  1. 2013/09/11(水) 21:07:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

靴の舟

昨夜、友だちと遊んで深夜帰宅の息子。

遅く起きてきて
「やることいっぱいあるから東京へ帰る」
という。

「あ、今日。。。あ、そう。。」

じゃあ、お昼はおいしいパスタを食べに行こうか!
と、浜島町南張のベッラマーレへ。

私は、職場の人と何度か行っているけど、
初めての息子は、
「おいしい!!」
と感激。

平日というのに店内も賑わっていて、
町内にステキなペンションがあるというのはうれしいな。

大学生の少し長い夏休みが終わる。

思いかえせば、息子の高校の夏休みには、
幼稚園からの幼なじみや、中高の友だちがよく遊びに来ていて、
仕事から帰ると、玄関いっぱいの大きな靴。

「舟か」

とつぶやくことが何度もあった。

先日、新川和江さんの詩集を読んだら、
息子さんの玄関の靴を舟のようだといっている。
その舟が航海に行く。
と、巣立った様子が伝わるいい詩だった。


それなら家は港かな。

だんだん、航海のときが長くなってきた。


いつでも戻ってこられるように、
穏やかな波の静かな港でいたいと思う。











  1. 2013/09/10(火) 20:30:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女心と秋の空

栗をいただいたので栗ごはん。

朝晩涼しいし、
蝉の声からコオロギへと交代。

冷酒やビールよりも熱燗になり、
お鍋もいいなぁと思ったりする。

幸せだなぁと思ってたのにすぐスネて、
私の心が変わりやすい。

秋ですねぇ。


写真-47

写真-46
  1. 2013/09/07(土) 19:54:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤイリギターへ

ピックアップの電池ボックスが割れてしまったので、
修理に持って行った。

フレット交換をしているギターに会えて興奮!
10年近く通っていても、見ていない工程ががあります。
フレットを打っている場面は映像で観たことがあったけど、
とりはずしは???

アメリカ製のこんな物を使っていました。

写真-44

画像用ボタンを押しても追いつかないはやさで、
次から次へと仕事をすすめる小池さん。

写真-45

音を確かめるオーナーを見つめる小池さんの目は、
プロ中のプロ
名人
巨匠


でも、私なんかに
「えらいねぇ」「すごいねぇ」「頑張ってるねぇ」
って言ってくれる。
こころが安らぐ里帰り。

「いいね!」いっぱいもらってきました。



  1. 2013/09/03(火) 22:02:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の終わりの秋本節さんのライブin海女ダイニングあづリ


台風で中止になるかも、、、
と聞いて、ただただ祈った。

少し前は、猛暑が続いて、
そろそろ雨でも降ればいいのに、、、
なんて思っていたのに、勝手なもんだなぁと思う。

ケンザンさんの決行のお知らせに
ガッツポーズ!!
こういう時の判断って気をもむんですよね。
お疲れさまでした。

秋のツアーのタイトルにもなっている「BIG SMILE」
という曲には、春からのいろんな思いがあふれてきて、
泣いちゃったけど、
やっぱり秋本さんのライブは楽しい!!

P8310029_2013090121070635e.jpg


秋本さんの唄を聴いていると、
よくぞ出会えた!!
えらいぞ私!
と自分の人生をいとおしく思えます。

数年前、二十三夜待ちで「ビビっ」と感じたものが、
今は「ビュービュー」と嵐のように私の心の中にあるのです。

今度はいつ聴けるかなぁ。もう待ち遠しいな。


P8310022_20130901210704829.jpg

  1. 2013/09/01(日) 21:15:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0