MY HOME TOWN

志摩の暮らし

なんにもないところ



1966890_608419942580415_1423690895_n.jpg


きょうは
なんにもないところにいた。

なんにもないところに、
ほんまは、
なにかがいっぱいある

って、

みんなきづいてるんやけど、

やっぱり、

いろんなモノがあるとこにいっちゃうんやなぁ。
  1. 2014/02/25(火) 23:25:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分で言うのはいいけど

次女は忙しい。
大学で、二つの部活をしてバイトもしてる。
話しかけても、愛想が悪いときがある。
イラっときた。

と、長女に言ったら
「思春期や。ほっとき」
と言う。

「じゃ、思春期と更年期の闘いやな」

と言ったら、めっちゃ笑てた。

座布団いらんわ。

***********************

自分で言うのはいい。

***********************

長女の部屋に入ったら、めっちゃ暑い。

暖房代も考えてほしいなぁ。
って言ったら、

「更年期やから暑いんやろ」

***********************

女よりも笑い優先の自分が悲しい今日この頃。

やっぱり、
座布団ほしいかも。
  1. 2014/02/25(火) 23:21:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のライブの余韻中


嫌いになるときって、
言いたくなくてもいっぱい理由が言えるもんだけど、
好きになるときは一瞬で、
なんで好き?って訊かれても、うまく説明できない。
好きってそういうものだと思ってた。


2月10日、楽しみにしていた秋本さんのライブ。
西岡恭蔵さんのサポートをされていたご縁で
志摩町に来られるようになった秋本さん。
志摩には、たくさんお知り合いがいてファンも多い。
 
毎年、夏の終わりにあづり浜でライブをされているけど、
今冬は鵜方に来てくれることになって、少し準備を手伝った。

ファンだから、
そりゃもう、うれしくてしょうがない。

ライブは言うまでもなく、秋本さんの魅力いっぱいで、
最後のプカプカは大合唱で盛り上がった!

写真-3

申し訳ないことに、私まで歌わせてもらって
はずかしいやら嬉しいやら。
でも、これもみなさんのお気持ちと思って、
素直に喜んでいます。

あづり浜からつながってきている方たちに支えられ、
やめてしまったのに、はまじまフォーク村のみんなが協力してくれる。
志摩はすてき。
 
写真、ありがとうございました。
家宝にします。

写真-5



写真-2

写真-4




昔、天理のおじいちゃんが火鉢に手をあてて、
熱くなって火鉢から手を離そうとするけど、
やっぱりまたすぐに手をあてて、ずっと火鉢から離れない。

秋本さんの唄って、
そんなあたたかさを、じわじわ感じます。

好きになるのもやっぱり理由がある。
余韻と思い出でしばらく頑張れそう。









  1. 2014/02/12(水) 22:57:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0