MY HOME TOWN

志摩の暮らし

花垣亮志ライブinマクサ

今日は、明和で研修会。
そのまま帰らず、
夜は松阪のマクサで、花垣亮志さんのライブ。


人違いで始まった出会いだったのも
ちょっとおもしろかったけど、
昨年、鳥羽で「赤い空」という曲を聞いてから、
その後も気になる存在となったのです。


今夜、年齢を聞いたら、
息子だと言ってもおかしくない年齢だった。
でも、歌を聴いていると、
同世代じゃないのかと思うときがあった。

人間臭さ

ギターをかき鳴らす

昭和のミュージシャンみたい。

ちょうど、聴かせるのにいい力加減を知っているギターは、
体が震えるほどかっこよかったし、歌詞は心に響いた。


娘とかわらない年齢の彼に、
こんなに感動させられるとは。


若い人の音楽はよくわからないよ、、、、

なんて言ったら、いい音楽を聞き逃す。


ライブスケジュール(ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/hanagaki1985


写真-13












  1. 2014/07/26(土) 23:21:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またか


またか。


どれだけ苦しいことか
想像ができなくなるくらい
釘の間を落ちて行く
銅の玉がおもしろいのか。


子どもの表情の変化をみることよりも
おもしろいゲームが
この世の中にあるのか。


子どもの命より大事なものを
私は一生みつけられない。
  1. 2014/07/22(火) 18:38:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥羽で歌うのだ

30年前、近鉄八木駅のホームで、
友だちと何本かの電車を見送りながら話してた。

鳥羽行き急行

「なぁ、この電車乗ったら海見れるよな」

のひと言で、
ポケットにあった小銭をあつめて、ふたりで海へ。

鳥羽へ着いたのが夕方で(多分)
数時間、海でぼぉっとしてから電車に乗って帰った。


そんな思い出がある鳥羽の海で、
今日は歌わせてもらいます。

終了後は、鳥羽市文化会館での
新宿ラッドジャズライブを聞きに行く予定。

鳥羽、元気ですね。

写真 1-13

鳥羽が元気になるのは、
こういう方がいらっしゃるからか。
井村さんの広報です。

写真 2-14

写真 2-13

7月20日(日)は、
鳥羽ハローの1Fメインコートで。

写真 3-12


次女がもうすぐ二十歳になる。
子どもたちはもう大丈夫。
今からは、許される範囲で、
自分の好きなことにうちこもう。
自分のことを考えよう。





  1. 2014/07/13(日) 07:24:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0