MY HOME TOWN

志摩の暮らし

昔ながら、、、って

うちのキャンディーズが産んだタマゴで、
昔ながらのプリンを作った。

なめらかとか、とろとろじゃないやつ。

昔ながら、、、

という言葉。
この先、どの時代まで通じるの?

デロリアンを改造したタイムマシンに乗って、確かめに行きたくなった。

でも、未来へ行って、
この国がまた、
大きな過ちをおかしていたら、、、

せつない気持ちで
プリンを口に運ぶ。

甘くて平和の味がした。

20150424092929a38.jpg
  1. 2015/04/24(金) 09:31:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プルーフライブ

4月のプルーフライブ
わさび入りカシスオレンジソーダで三曲。


今までで一番楽しく気持ちよく歌えたなあ。
リターンも良かった!
カホン叩くのやめて聞いていたかったくらい。

こまけんさんの安定したソロと、
梅ちゃんの優しい声のキーボード弾き語り。
なんと、何十年ぶりかに会われた先輩といきなりセッションにはびっくり。
いってんさんには、私が中学生の時、大好きだった曲を思いださせてもらって興奮。
歌詞をもらったので、今度歌ってみよう。

とてもいい夜でした。

じゃ、また!
次の約束をしないで別れるのっていいね。


「わさび入りカシスオレンジソーダ」(バンド名)
で演奏した一曲の練習風景
いつも楽しく練習してます。
モーバンズバーのLASTSONG





  1. 2015/04/21(火) 18:05:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘイ ジュード♪


ドイツでの最近の研究によるともの悲しい曲を聴くと、
人は郷愁、平和などを想起し、
落ち込んだ気分を改善させることができるそうだ
ビートルズのファンならば、
小欄が何の話しを書こうとしてるかもう分かってしまったか。
〈ねえ、ジュード ふさぎこむなよ 悲しい歌を聴けば気分もよくなるさ〉
《5日の中日新聞「中日春秋」より引用》


とビートルズの「ヘイ ジュード」の歌詞が載っていた。
私が中学生の頃は、校内暴力という言葉が盛んに使われ出した時代だったと思う。
教室で火炎瓶を持って「火をつける!」と暴れた子もいたし、
隣の中学じゃ、毎日爆竹の音がなっていたらしい。

男子が隣中学に殴り込みに行くなんていうのは、
ドラマ金八先生のワンシーンのようだった。
そんな、やんちゃな男子が、
文化祭の幕があがって
「ヘイ ジュー♪」って、
ギター、ベース、ドラムで登場した時には
のけぞってびっくりした。

横浜銀蝿とちゃうんかい。。。
みたいな。。。


あとで思えば、コードが簡単だったからなのかなって想像できるけどね。
演奏が終わった時の、あの、はにかんだ笑顔が眩しかったなぁ。
あの頃の私のクラスメイトは、とてもわかりやすい不良だった。
今から思えばかわいいもんやね。

今、予期することができないような凶悪な少年犯罪が増えてきている。
でも、どこかで気づいてあげられれば、
防げることがあるかもしれない。
大人がおどおどしていてはいけないと思う。
どこかでいい音楽に出会っていれば、
人生が変わるのかもしれない。
「悲しい歌を聴けば気分もよくなるさ」
頑張れ!じゃなくて、気持ちに寄り添ってくれる音楽がいいなぁ
  1. 2015/04/21(火) 17:59:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こころのうた

花見の場所へと急ぐ人々。

タンポポを踏みつけていることには気づかない。

「生まれ変わったらサクラになりたいよ」

と言ったタンポポに、

「私は綿毛になってあの人に会いにいきたいわ」

とサクラが言った。





  1. 2015/04/21(火) 17:55:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0