MY HOME TOWN

志摩の暮らし

そぉっと唄うねん

月末の水曜日に、プルーフで
「そぉっと唄うねん」
というのをやりだしたんだけど、
今のところ、
毎回どなたかが聞いてくださっている。

IMG_1229.jpg



聞きに行ったろう
と思って来てくれる方もいて、
そぉっと唄う感じじゃなくなってますが、
これもありがたいです。

わいわいやりましょ。

今月は、30日水曜日。
今回は、津から革職人が来てくれるらしくて、
数人でライブっぽくなりそうな予感なので、
お時間ある方は遊びにきてください。

今夜、窓の外はスーパームーン。

カチャカチャと、タイピングしてないで、
ポロンポロンと、弦をならします。

月がタイトルの曲を選んで。








  1. 2015/09/28(月) 21:07:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私と海の間を かぁ。

遅い散歩して堤防で寝転んでる。

バランス崩したら海にちゃぽん。

見えない月が顔だしそうなくらい
空にむかって大きく息を吸った。

谷川俊太郎さんの詩の一部を思い出した。

さえぎるな
言葉!
私と海の間を

言葉の職人が言葉さえも否定した。

私と海の間を かぁ。

しびれちゃうよ。









  1. 2015/09/25(金) 21:51:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸せ連鎖中

忙しく動いてます。

ざっと近況を。


縫い物は、ちくちく手縫いが好きでも、
日曜大工は電ノコが便利です。

IMG_3826.jpg

か弱い女性には、ノコギリは大変です。
楽器にしてしまうのがいいと思います。
「おまえはあほかぁぁぁ♪」って。

横山ホットブラザーズか。

職場で使う棚を作りました。
まぁまぁの出来です。

IMG_3828.jpg




ヤイリギターつながりの、昔からの知人から
カポのプレゼントが!
カポって、音にはけっこう重要なんだということは、
うすうす感じてはいたけど、
安いカポ買ったら、それで済ましちゃうんですよね。

FullSizeRender-15.jpg

でも、使ってみて、
やっぱり違うんだと思い知らされます。

私は幸せ者だなぁと思います。




いってんさんのライブに行ってきました。
家の仕事も忙しい連休なので、
行けたら行きたい!と思ってけど、
行けそうだし行っちゃえ!
と、ひとりで飛び出しました。

伊勢にもこんないいお店があるんだなぁ。
選曲がマニアックなことは予想通りだったけど、
友部正人さんの曲には感激。

FullSizeRender-3.jpg


倉敷にある古本屋さんの女性店主が友部さんのファンで、
店内でライブをされているのを本で読んだことがある。
影響を受けて聞いていた時期があったから、シブい唄に大拍手!
いいコンサートでした。


それから、私のホームページの掲示板に、
オーシャンボーイズのライブ告知が!
http://kk4693.bbs.fc2.com/
初の書き込みありがとうございます!!
みなさん、是非聞きに行ってね!

もうひとつ、シンさんが段取りしているライブがあるそうです。
こちらも、聞いてみたいライブです。

FullSizeRender.jpg



今度、図書館でインディアンの講座があるらしくて、
関連のコーナーができてた。
数冊借りて、
この一冊はとてもよかったので、
中古本を買っちゃった。

FullSizeRender-17.jpg


今日は死ぬにはいい日だ
Today is a good day to die

今日は死ぬにはもってこいの日

そう思えるように、一日一日を大切に過ごしたいものですね。


先日のブログを読んだ方からメールをいただきました。
フェイスブックの「いいね」とはまた違った「いいね」をいただいたようで、
とても嬉しかったです。

私は幸せ者だと思います。
現在幸せ連鎖中。


















  1. 2015/09/20(日) 23:19:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

強くなった今なら

職場のキーボードカバーを、ちくちく手縫いしてたら、
いつも針仕事をしていた祖母を思い出した。

祖父は、長男の父が三歳のときに亡くなったと聞いた。
祖母は、岡山で五人の子どもたちを、
ひとりで必死で育ててきたのだと想像ができる。

高価なものは何ももっていなかったから、
祖母から形見にしてと渡されたものは、
縁日で売っているような、
ゴムとビーズで出来たブレスレット。

私が二十歳の頃の話しだから、
まだ日本は景気もよくて
ブランド物があふれている時代。

おもちゃのブレスレットをもらって
喜んだとは思えないけど、
今も持っている。



布団も、何度も打ち直して使ってた。
ミシンじゃなくてなんでも手縫い。


そんな祖母が、入院していた時に、
「縫い物がしたい」
と言った。

私は、看護士さん(当時は看護婦さん)に、
針と糸を持って来ていいか?と聞いた。

予想通り
「針は危ないのでだめです」
と言われた。

無くしてしまっては危ないから、
しょうがないなと私も納得した。

そのことを伝えると、
祖母は悲しい顔した。





「私が最後まで責任をもって見てます。
針は、ちゃんと片付けますから」
と、二十歳の私には言えなかった。


数時間、私が見ていれば、
死への恐怖が少し和らいだかもしれないのに。

私がもっとしっかりしていれば。


と、思い出したら涙がこぼれた。


泣きながら縫い物をしていたら、
30年も前のことを思い出して泣いてる?
と、もう、なんで泣いてるのかもわからなくなってきた。



強くなってしまった今なら

してあげられることがいっぱいあるのに。









 






  1. 2015/09/18(金) 20:36:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 行き当たりばったり

スケジュールを組むときの時間配分が苦手

ということに、最近気がついた。

じゃなくて、
遠い昔からそうだったことを思い出した。

来た電車に乗る。
待つのが苦にならない。


そんな昔からの友人が、
「土鍋を買う」
と言うので、

どっぷり土鍋にハマっている私は、
「それなら、伊賀の長谷園やな」
と、土鍋アドバイザーにでもなったつもりで
出かけることになった。


夜勤明けで大阪から来た彼女を迎えに
「長谷園」の最寄り駅に。


IMG_3723.jpg


到着までに30分以上あったけど、
レトロ駅舎をぶらぶらしたり、
利用者と駅員さんの話しに耳を傾けてみたり、
車の窓全開でうとうとしたり、
であっという間。

到着したら、
電子マネーというんですか?
ピッとするだけの切符。

「出発駅は入れたのに、出るときに使えへんねんっ!!」
と声を張る。


私もそういうことあったな。

でも、類は友を呼んでいるとしか思えない彼女が、
(いっしょにせんといてって言われそうやけど)

「めっちゃ、ええ電車やねん!2両でかわいくて、座り心地よかったで!」

「そおかぁ。鉄道好きの私も乗りたいやん」

それから、お腹がすいていたから、通り道にカフェをみつけたけど、
どの建物か、駐車場がどこかわからない。

IMG_3729.jpg


通りかかった郵便屋さんに聞いて
(これが確実です。新人さんはどうかな^^;)
入ってみると、ケーキとドリンクだけだった。

でもまぁ、カフェ好きにはたまらん内装なので、
旬のいちじくのケーキを。

IMG_3736.jpg


いいなぁ。こんなカフェしたい。
ブックカフェがいいな。

IMG_3735.jpg

IMG_3732.jpg




少しまったりして、
長谷園で土鍋物色。

楽しい。楽しい。

写真撮るのも忘れてた。


その後、信楽まで行っちゃう?ということになった。

まずは、前から乗りたいと思っていた信楽高原鉄道に、
電車だけでも見に行こう。

と、行ってみたけど、
電車が来るまで一時間。
そこは待っていられず(笑)
500円で自転車レンタルして探索することにした。

IMG_3738.jpg


自転車に乗るのも久しぶりやけど、
よく考えたら、並んで自転車で走るの30年ぶりやん。

こわい。こわい。

行き当たりバッタリでここまできたわ。


信楽焼きの案内所みたいな所で、
今と昔の違いを聞いた。

IMG_3742.jpg

今は、電気やガスで、
ムラも無駄もでないようになっているそうだ。

昔は、釜のどの位置に置くかで、色が違った。
火が通るとこんな模様になるのだと聞き、
本物の奥深さを知る。

IMG_3743.jpg

それが日常品として使用されていたと言うから、
いろいろ考えさせられたなぁ。




陶芸の森に行くと、
「あれ?南伊勢でもお会いしませんでしたか?」
と、話しかけたくなる女性が。

IMG_3745.jpg


現代美術も、話しを聞けばきっと奥深いものなんだろうな。



帰りは、信楽高原鉄道で帰ると言う彼女に写真を頼んで(うらやましい)
私は名神で帰る。


下り坂の風の気持ち良さを久しぶりに味わった。
恭蔵さんの「自転車にのって」を歌ってた。

IMG_3749.jpg


ほぼ、行き当たりバッタリで生きてきた!








  1. 2015/09/15(火) 21:55:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェイスブックをやめた理由

フェイスブックをやめる。


誰にも言わず、なんとなく始めたので、
誰にも言わずなんとなくやめればいいと思うけど、
何かあったかと、心配してくださる人がいたら申し訳ないので、


やめる。

と、ブログに書くことにした。



心配してもらうと、、、

なんて、心配してもらう前提で話すのも
おかしなもので、

心配なんかしね〜よ!

と思われる方がいるでしょうが、
いつも、気にかけてくださる方や、
あたたかいコメントをくださる方へ。


やめる理由は、何もありません。

ご心配いただくようなことはなく、
楽しく活用していました。

でも、根っからのアナログ人間なのでしょうね。


ちょっと、あふれる情報を遠ざけて、
生活のリズムを見直そう、、、

というくらいのことです。


理由を書くほどのことではありませんでした。


急に決めたわけではなく、
一年前から思っていたし、
数ヶ月前には、
手伝っているミュージシャンのライブ終了が、
いい区切りかなって思っていました。


いい季節になります。

読みかけて途中の本を読んでしまおう。
映画を観よう。

そんな時間を作りたい。

そんなもんです。



今度、あなたに会った時は、
私は、あなたのことを何も知りません。
だから、たくさん、話しを聞かせてくださいね。


会って、仕草を見て、
温度を感じて話す事が、とても楽しみになりそうな予感です!










  1. 2015/09/07(月) 20:23:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋本節さん 志摩 鳥羽 南伊勢 二日間のライブをまとめてみた。

今の私の、大きな楽しみは、
秋本節さんの志摩ライブ。

やっぱり、音楽は生音が一番!


今回のツアータイトルは「しあわせのカケラ」
9月4日の志摩市「プルーフ」が初日でした。

秋本さんは、
いつも交流のある方々からのお誘いで、
8月1日の「プカプカ音楽祭」に参加されていたので、
今夏は二度目。

小学校の先輩のところへご到着され、
敷地内の「カフェジャック」で、ちょっと気取っている写真をぱちり。

10712771_907091886046551_3488093532992311023_n.jpg

10672235_907091859379887_3747727105980798772_n.jpg

11953220_907091866046553_7354572212385161897_n.jpg


夕方、プルーフに到着してマスターとぱちり。

1538938_907091919379881_9053285819074290362_n.jpg

プルーフのリハ

1013611_907091906046549_6475066793243607669_n-1.jpg

最後のアンコールは、
志摩の剱山さんとつかさくん飛び入りで、
西岡恭蔵さんの「プカプカ」
何回聴いてもいい♪




次の日の5日は、
前年も参加されている
鳥羽マリンフェスタ「アコースティッカル」
11時半頃から出演。

10406801_907091952713211_5707190318422800839_n-1.jpg

若い人たちと、とても楽しそうです。

11990448_907091972713209_991204693762965111_n.jpg


夜は、初めてライブをされる南伊勢の「GREEN&GREEN」
このお店は、インターネットでの告知はなく、
マスターが自転車にのって、常連さんにお知らせする。
お仲間が集まってこられて、あっという間にみかん箱ステージが完成。
このアナログ感はたまらんなぁ。

IMG_3658.jpg

IMG_3657.jpg

IMG_3659.jpg

音響は、はまじまフォーク村のよしつぐさん。
お世話になりました。

元同僚ご夫妻にもご協力いただきました。

初南伊勢
店内満席のスタートで、
一曲目から、力いっぱい唄う秋本さんに
ジーンと胸が熱くなった。

これ、味わえるのがライブの醍醐味です。


動画は後半の「ALL OF ME」「SNAKE EYES」
ファンにはたまらん二曲です♪




私は送迎くらいしかできませんが、
秋本さんのつながりのある方々が、
ボランティアで支えてくださってます。

アコースティカルへ行ったら、
「先日のプカプカ音楽祭の秋本さんの写真」
と、そっとCDを渡してくださったり、
プルーフでのライブ画像を送っていただいたりもします。

人とのつながりは、会ったり話したりして出来上がるものだし、
音楽はやっぱりライブなのだと強く思ったな。





  1. 2015/09/06(日) 22:28:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0