MY HOME TOWN

志摩の暮らし

思ひで

子どもが小さい頃、
「ほんとうにサンタさんがいるなら
ここにサインしてください」
と書いてあった次女の手紙に、
サンタさんのフリしてサインしたり、
わざと帽子を落としていったように見せかけて、
喜ぶ子どもたちの顔を見るのが幸せだった。


なのに、私はクリスマスが苦手。
街で(ていうか、スーパーで)流れる
マライアキャリーのクリスマスソングを聞くともの悲しくなる。
あわてんぼうのサンタクロースは、胸が痛くなる。

クリスマスに誰かと過ごした記憶がなくて、
何も思い出がない。

昔の私はいったい何をしていたんだろう。

若い時に、全力で楽しんでおけばよかった。




最近「思ひで」という曲を練習してます。
静か〜に歌ってます。





今はたのしいです。

今日は、3月のイベントに声をかけていただきました。
大勢が集まる野外のようなので、
明るい曲を選曲したいのですが、
私のレパートリーにはありません。

練習しなくちゃ。


  1. 2016/12/23(金) 23:22:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後のプルーフライブと名張忘年会ライブ

土曜日のプルーフライブ。
オーシャンファンいっぱいの中、
息子のレスポールを弾きました。

20161205231756919.jpg 


声にあっててよかったと言ってもらい、
調子にのって、息子に「もろとくわ」
と言ってみた。

残業で疲れきっている息子が無表情で
「おう」

「いや、いや、うそやで。ごめん、ごめん。
また貸して」

「いつでも持っていってええで」

ということで、
ちょくちょく借りて練習してみようと思います。

コマケンさんのインスト。
オーシャンボーイズの安心安定のコンビに、
のぶちゃんのプロより上手い歌。
なんでもこなすキーボードの梅ちゃん。
今年最後のプルーフライブも楽しかった!!
ありがとうございました!

20161212201914a4a.jpg

2016121220191241b.jpg






日曜日は名張「魚忠」へ。

最近、私のブログによく登場している同級生の栗林くん。
35年ぶりの再会を果たしてから、どんだけ会ってんねん(笑)

栗まん主催の忘年会ライブでした。

実家のすぐ近くとはいえ、
名張を離れて27年。
知らない店で、知らない人ばかりで
アウェイ感いっぱいかと思いきや・・・

よく知っている人や、
鳥羽のイベントで会ってる人。
先日のヤスムロさんのライブで一緒だった人。
90%が初対面じゃないやん。

20161212201915cb4.jpg 

20161212201916269.jpg

20161212201917206.jpg

201612122019196e2.jpg

2016121220192283b.jpg

20161212201923ba5.jpg

20161212201925142.jpg

20161212201926097.jpg

2016121220192809d.jpg

20161212201929301.jpg

みんなうまかったなぁ。
盛り上がりました。
もっと小さい時に聞いたことがあった
コウタロウくんも、上手になってたなぁ。
ボブディランよかったなぁ。
もうひとりの同級生の家マンも、
ベース、めっちゃ上手いやん。
花垣くん、寒い季節に会えて嬉しいって、
ほんまやな。
真夏にしか会ったことない(笑)


お料理は、魚忠オーナーや
参加者のみなさんの手料理。

ボブディラン歌ってたかと思ったら
土鍋でごはん炊いてくれてた。
自分で作ったお米だというから、
それだけでもう幸せ!
人柄が出ているやさしいごはんでした。

カレーも美味しかったし、
あっさり上品な味の豚肉もあった。
大川シェフが
外でずっと焼いてくれてたお肉もおいしかった。

20161212201920866.jpg

残念ながらお酒は飲めなかったけど、
みんなが美味しいって言ってるから
写真撮らせてって言ったらラベルなかった。
お酒の名前聞いたけど忘れた。
日本酒好きが集まる店のようだ。

日本酒好きのオーナーに、
最近日本酒飲む気になれなくてって言ったら、
それはあかん!と何回も言ってた。
なんとも愛らしい酔っ払いだった。


横に座ってた井村パパが、
「そうや、おいしいりんごたべさせたろ」
と席を立った。

大川くんがむいたのはキレイな方ね。
うん。うん。わかる。

でも、皮が残ってるいびつなリンゴもいいよ。
私が女子じゃなくてよかった。
惚れてまうで(笑)


20161212201931ea7.jpg

集まってくるお仲間を知って、
栗まんが今までちゃんと生きてきたんだなぁと安心した。

って、

オカンか。

栗まんとは、いろんな形で、人や音楽をつなげていけるかもね。
二回も出会ったんだから、そこには意味があるんやわ。きっと。









今年も残りわずか。
かなしい事故や事件が多かった。


神様に、どこをどう間違って
こんなに愛されている人を連れていくことになったの
って、文句が言いたい別れがある。



別れなければいけないのに、
どうして出会うのかな。


脳内に考えるスイッチがない私が
ちょっとだけスイッチON


出会いには絶対意味がある。



日本の宝、巨匠に出会って人生を教えてもらえてよかった。
世界一好きや〜って思う歌と、ミュージシャンに出会えてよかった。
一番好きな本屋さんに行けば、やさしい人がいてくれて・・・



出会いを意味のあるものにするのは自分やから、
意味のあるものにするために
来年も頑張ってみようと思う。



















  1. 2016/12/12(月) 21:44:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サンタさんお願いです

ええ歌やわ。

今、寝ても覚めても、
頭の中をぐるぐるしてる歌がある。
毎日歌ってます。


今週末は、今年最後で、40代最後の
プルーフライブ。

20161205231756919.jpg 

20161122205015ddc.jpg



開演時間が早いです。
19時開場 19時半開演。
是非、トップバッターのコマケンさんに
間に合うようにお越しください。



そして次の日は名張で忘年会ライブ。
今日、詳細メールがきた。
めちゃくちゃ楽しそう!!



40代最後に、名張で歌うなんて思ってもいなかった。

40代、趣味をこんなに楽しんでいるなんて想像もしていなかった。

40代後半、こんなにオッチャンの歌ばっかり歌ってるなんて・・・



サンタさん、お願いです。

私に、シブいオッチャンの声をください。














  1. 2016/12/05(月) 23:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

楽天家だけど心配性

六月の岡崎倫典さんの志摩ライブで、
倫典さんが私の車の助手席にいらっしゃる時、

少し低い声で
「倫典さん、さっき通った家にね・・・」
と私が話しかけた。

「うん、なに?」

「あの家には世界一かわいい柴犬がいるんです」

「え!どういうこと!!?」

倫典さんとマネージャーさんが、
動物好きだということを知っていたから、
ちょっといたずらっぽく言ってみたんだけど、

「なんで?どういう基準で世界一に選ばれたの!!」

って、マネージャーさんも後ろから乗り出してきた。


「あの家ね、私の家です」

「そういうことね(笑)あ〜びっくりしたぁ」

って、予想以上ウケた。

「それは、間違いなく世界一だね」
と優しく笑う倫典さん。




そうなんです。

犬部門で世界一のカン太です。

20161205224246728.jpg 




先日、腫瘍を摘出しました。


心配で心配で、
私が病気になっちゃうかと思った。


心配で心配で・・・



て。


めっちゃ、元気やん。

手術の次の日、朝起きたら
縫ったところへ届かないように、
首につけてたエリザベスカラーというものを、
暴れてはずしてある。
こんなものつけてられへんわって
喋りそうな顔して絆創膏もはがしてある。
食欲もあるし、元気いっぱい。


病理検査の結果がまだだけど、
元気すぎる。
大丈夫。








動物病院の先生は少し強面で、いつも淡々と話す。
強面なのに、かわいい模様のピンクのユニフォーム。
「おなか冷やさないようにしてあげてね」
って、淡々と言う。

カン太がまだ子どもだった頃、
診察の時に、
「噛むんです。気をつけてくださいね」
って言ったとたん、
先生の頭の毛のないてっぺんをペロペロなめた。
先生は無反応で淡々と診察してた。
笑うのをこらえている次女の肩が震えてた。


今回の手術のあと迎えに行って、
待合室でけっこう長い時間待った。
心配で長く感じただけかもしれない。

呼ばれた時に

次女と二人で小走りで診察室へ行った。


ら、


「あ、◯野さんとちがう。◯野さんです」
と淡々と言われた。

名前を聞き間違えたらしいので
次女と二人でまた走って戻った。
漫才師みたいやった。

間違えてますよぉって笑ったりしてくれへんな
って、次女はまた震えてた。


淡々と話す人を、私はとても信頼します。





そして私は、心配性だけど楽天家です。














  1. 2016/12/05(月) 22:56:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0