MY HOME TOWN

志摩の暮らし

♫さくら

外を出歩くと、
いろいろイベントの話が聞こえてきた。

あれもこれも楽しみいっぱい。


やらなければいけないことを
今夜からちょっとずつ。

今までとは違う
春になるような気がしてます。




歌います。

◼️3月19日
近鉄ハイキングのイベントで
多気郡明和明和町の
旭酒造さん前かな?
何人か演者さんがいらっしゃいます。
3曲くらい。

◼️4月1日
地元のお花見イベントで30分くらい。


オーシャンボーイズさんに書いた
半分オリジナル「さくら」を
私も歌ってみようかと思っています。
















  1. 2017/02/25(土) 21:27:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子どもの時にテレビに出たことがあった

先月、心は元気なのに、体が動けない日が続いた。
体調が悪い時に、何もできなくて布団にいると、
いろんなことを考えたり思い出したりする。



子どもの頃、関西のテレビに出たことを思い出した。

私は、奈良県生まれで、
遠い親戚の産婆さん(現在は助産師)
にとりあげてもらった。

その方は90才を過ぎていて、
取り上げた赤ちゃんが何百人かになって、
みたいなことで、テレビにとりあげられたのかな。

私が小学校低学年の時、
大阪のテレビ局に行って、
産婆さんに取り上げられた子どもたち
が、ひな壇にズラリと並んだ。

司会は藤本義一さんと藤本登紀子さん
(関西の人には懐かしい名前やね)

終盤で、私といとこのケンちゃんが、
代表で花束を渡すことになっていたのに、
出番前に、ケンちゃんがイヤだと言い出した。

私はとても大人しい子で、
ケンちゃんはヤンチャな子だったから、
どちらかといえば、
私の方がぐずりそうな感じだけど、
意外と度胸があったのか、わけがわからなかったのか、
《今になってグズグズ言って、オバちゃん(叔母)困ってるやん》
と、冷静に空気をよんでいた気がする。

結局、もっとわけがわからない、
幼稚園児の弟が渡すことになり、
兄弟で、ひな壇からスタジオの真ん中まで歩いて花束を渡した。


その後、みんながもらっているので
藤本登紀子さんのサインをもらった。


ということを、
中一の時に思い出して、
小さい頃大阪に住んでいた子に話した。

「え、私、それ小さい時に観た!!
女の子と男の子が花束渡すの観てた!!」

と言った。

藤本義一夫妻のことも覚えていて、
私の記憶と一致した。


そして先月、
布団の中でそのことを思い出したので、
次女に話した。


次女は、
探偵ナイトスクープに言ったら映像見つけてくれるんちゃう!

と言うんだけど、

このことを思い出したのは、
今日で2回目や。
2回しか思い出さへんのに、
そこまでして観たないで。


でも、テレビに出たんやから、
写真くらいあってもええのにね。













  1. 2017/02/19(日) 22:58:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレンタイン特設会場



義理チョコ廃止制度を訴える署名でもあれば、
すぐに、、、
と、若い頃の私は思っていた。
小中高もバレンタインなんて無縁。

職場で、部長、課長、どこまで渡すかと悩む先輩方を
「大変やなぁ」と冷めてみていた。

それでも、一度だけ義理チョコというものを渡したことがある。

社員寮にいた時期があって、
朝、売店にパンを買いに行ったら、
おばちゃんの机に、仲の良かった先輩が座ってた。
情けない顔してしてうだうだ言ってるので、

「二日酔いなん?
なんかあったん?」

て聞いても、うだうだ言ってる。
すぐ横の棚の板チョコを頭にのせてあげて、
おばちゃんにお金を渡した。

「お前、今日バレンタインって知ってんのか」
「うん。そやね」
「俺にくれるんか?」

すぐ横の棚から、頭に置き換えただけのチョコ。
義理中の義理やん。

でも、その一瞬の間に「元気出しや」
の想いが伝わったのならよしやね。

若い頃の義理チョコの思い出はそれだけ。



さすがにいい年になってからは、
お世話になっている方に会う日がバレンタインなら、
手土産にでもと思う。年を重ねるってそういうことやし。



JR名古屋高島屋が、
バレンタイン商戦の売上高で日本一とテレビで観た。

どんなものかと岐阜へ行く前に寄ることにした。
この時期しか見られないから。

エスカレーターで10階に着いた途端、
人気ショップに長い行列。

人 人 人
女 女 女

せっかく来たからどんなチョコがあるか見ようと、
人の波に乗ってみる。

有名パティシエらしき人がサインしている。
試食とは思えない大きさのチョコレートケーキに、
女性たちの手が伸びてあっという間。

すごいなぁと見ていた私に気づいたパティシエが、
ニコリともせずに、最後の一個を人の頭の上から差し出してくれた。
フランス人かな?
「あ、どーも」と言ったら、パティシエは「食え」と、目で言っていた。

チョコレートケーキなんて、滅多に食べない私が美味しい!って思ったから、
好きな人はたまらんやろうね。

宝石のような、キラキラしたチョコたちは、見たことも聞いたこともない、
字も読めないショップ名。

モロゾフとGODIVAの前まで来たらホッとしたわ。
これなら知ってる。


すると、すぐ近くから、
「GODIVAのチョコ買ってあげる!」
「うん!買って!」
と聞こえてきた。

ガクトさんを小さくしたような男性が、
ボブというよりワンレングスで、
ひと昔前に流行ったような格好の女性の後を歩いてた。

「私、本命の人に、GODIVAのチョコをあげるのが夢だったの!」

と、言われた男性の顔が、嬉しいのか困っているのかわからなかった。
いや、喜んでるよな。いらんこと考えたらあかん。

本命 本命
GODIVA GODIVA
夢 夢

ふーん。

ひと昔前なら、ユーミンの歌詞になりそうな。

あ、またいらんこと考えてしもた。


結局、そこでは何も買わず、地下に移動して、
手土産にチョコを買った。


バレンタインデー廃止などとは思っていない。

チョコを選ぶ時間、どれだけ相手のことを考えているか。
渡した瞬間から何が始まるのか。

想いが伝わって、
ドラマがたくさんうまれているかと思うと微笑ましい。



私はもう最初で最後でいい。
バレンタイン特設会場。





  1. 2017/02/16(木) 18:07:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人って、
殻の中にいる人と
殻の中にいない人がいるんじゃないかな

殻の中にいる人を
殻からだせるのは
殻の中にいない人

殻の中にいる人が
殻の中にいる人を
だそうとするのは難しい

殻の中にいる私を
殻から出してくれるのは
いつも殻の中にいない人


すぐに心を開ける人に出会えるのは奇跡やね
心を開くのに時間がかかるというのもおもしろい
心を開かなくてはいけないこともない


とか考えてたら

殻の種類とか厚さとか
気になってきた





  1. 2017/02/14(火) 00:25:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤイリギター

今日はヤイリギターへ。

9時出勤した。
終了時間の16時45分までいた。

迷惑な客やね。


いつも
飽きんのか??

という小池健司さん。

飽きません。

どんなテーマパークよりおもしろい。

20170213222007659.jpg

201702132220060a7.jpg



前夜、美濃加茂ワンダーランドでライブをされた
秋本さんも、お昼からご友人とギターの調整に来られた。

ライブでヤイリギターの松尾さんが私に、
ビビってない?3カポの時の音。

っておっしゃったので、
志摩ではカポが悪いのかって話がちょっと出てましたけどねって答えた。

どうも、それはカポではなかったようで、
調整をする健さんが少し手こずっていた。
めずらしく。

201702132220041d8.jpg

20170213222002236.jpg


ようやく、
よしとなった時の空気は最高。

ギターは生き物やね。


そこに修さんが居ないことは、
よしとならない。

多分ずっと。












  1. 2017/02/13(月) 23:46:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美濃加茂ワンダーランド

美濃加茂ワンダーランドの修さんとは、
ヤイリギターで知り合った。

私がヤイリギターへ行った日に、
秋本節さんと一緒に来られて、
ライブをしている本屋さんだと聞いた。
その日は1時間ほどでお別れしたのだけど、
本屋大好きな私は、数ヶ月後、ヤイリギターへ行く前に
突然寄ったのだ。

今まで見たことない本屋さんで、
一時間じゃ足りないと感じて、
次に出かけた時には始発に乗っていた。

その日は佐久間順平さんのライブの日で、
忙しい日におじゃましてしまったのに、
娘さんのお店へおいしいランチを食べに連れて行ってもらい、
ライブの打ち上げの買い物へ一緒に行って、
ヤイリギターまで送ってもらった。
ワンダーランドへ行くのは二回目なのに。


それから、修さんに何回会ったのかな。
いろんな話を聞いてもらったし、
恭蔵さんのレコードや、レコードプレーヤーをもらったりした。
伊勢うどんを持って行ったらとっても喜んでくれた。

会った回数は少なかったけど、
私が心を開いた最短記録の人だったと思う。





二ヶ月前に修さんが亡くなった時、
お別れに行けなかったので、
12日、ワンダーランドでの
秋本節さんのライブに行ってきた。
修さんが亡くなる前に決まっていたライブ。



2017021322182702d.jpg



修さんのお仲間=秋本さんのファンの方がたくさん集まって、
いいライブだったなぁ。

秋本さんが歌えば、修さんの笑顔しか出てこない。

配達にでも行ってるんじゃないのかな。


会いたいなぁ。
修さん。
  1. 2017/02/13(月) 23:33:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋本節さん 志摩ライブ @Avis

年二回、志摩へ来られている、
神戸のシンガーソングライターの秋本節さん。

波切のAvisでのライブでした。
いつも、プルーフでのライブをお手伝いしている時の私は
後ろの方で我慢。ゆっくり聞いたことがありません。

今回はお客さんで行かせてもらったので、
最前列のソファで。
嬉しかったぁ。


20170213221805108.jpg


20170213221802d30.jpg


初ソロアルバムの曲をたっぷりと聴かせてくださいました。

ライブに来られなかった方からも、
CDの予約を数枚承っております。
まだお預かりしている分がありますので
売り切れないうちに是非!!
おすすめです。

打ち上げで幸せそうな笑顔。最高です。

20170213221832d4c.jpg




そして、CD発売を恭蔵さんにご報告されました。
恭蔵さんのお姉さんにもお会いになって話されました。
お姉さんから「きんこ」をもらった秋本さん。
おいしいなぁと喜んでいらっしゃいました。
そうかぁ。きんこってご存知ないですよね。
もっともっと、志摩の良いところを知ってほしいなぁ。

次回は9月にプルーフライブです。
もう待ち遠しい!

  1. 2017/02/13(月) 22:48:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0