MY HOME TOWN

志摩の暮らし

京都 古本市

京都の「恵文社」という本屋へ行って、
一枚のチラシを手にとった。

京都、長岡天満宮境内
「天神さんで一箱古本市」


日曜日は、朝から何も予定がなく
どこへも行かず帰ろうかと思っていたけど、
このチラシが気になったし、
阪急電車で行ってみることにした。

一箱の中にぎっしりつまった古本は、
それぞれの店主の世界。
テーマを決めている店があったり、
おみくじをひかせてくれたり。

朝早く行ったので、
新品のような絵本が200円や100円で購入できて
うれしかったなぁ。

帰りのことも考えずにねぇ。

写真 12-05-27 8 59 22

写真 12-05-27 9 47 49

写真 12-05-27 9 48 46

写真 12-05-27 10 06 42

写真 12-05-27 10 14 09

写真 12-05-27 10 14 14


*****************************

旅でこんなことがあった。


ベンチに座ってアームカバー(腕の日焼け予防)をつけたら、
横に座っていた70代くらいの女性が、
「日焼けするからですやろ?いや、えらいわぁ~。
わたしら若いときからそんなんせーへんわ。やっぱりなぁ~。
気ぃつけたはんねんなぁ~」
と言う。

少しの間お話して、別れ際
「今日は暑いですから気ぃつけてくださいねぇ」
と言ったら
「いや、おねぇちゃんありがとぉ~。
ほんまにうれしいぃわぁ~」
と喜ばれた。

天神市の帰りに80才くらいの男性が、
坂の下で自転車を降りたので、
坂の上まで押してあげたら
「どぉも。ありがとぉ」
と言われた。

帰りの特急が八木乗りかえだったので、
降りようと出口に並んでいた。
絵本買いすぎて重たくて、
カバンが肩からずれ落ちていたら、
うしろの70代くらいの男性が、
カバンのひもを肩へのせようとしてくれた。
「あ、どぉもありがとうございます」
とお礼を言った。

その後、鳥羽でも乗り換えだったのに、
ぐっすり眠ってしまい、60才くらいの女性に
「終点ですよ」
とやさしく起こしてもらった。
「どぉもすみません。ありがとうございます」
とお礼を言った。

「どぉもありがとう」言ったり言われたり。


良いことをしたなんて、
口に出したり思ったりしないようにしよう。
何倍も何十倍も、
人にやさしくしてもらってるのに。




関連記事
  1. 2012/06/01(金) 21:35:39|
  2. 奈良・京都
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<キャラメルバッキングとは | ホーム | 京都でおいしい串あげ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/137-b9b76ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【京都 古本市】

京都の「恵文社」という本屋へ行って、一枚のチラシを手にとった。京都、長岡天満宮境内「天神さんで一箱古本市」日曜日は、朝から何も予定がなくどこへも行かず帰ろうかと思っていたけど、このチラシが気になったし、阪急電車で行ってみることにした。一箱の中にぎっしり...
  1. 2012/06/02(土) 03:34:12 |
  2. まとめwoネタ速neo