MY HOME TOWN

志摩の暮らし

物語はハッピーエンドにできるけど。

ハッピーバースデー 
青木和雄/作
《児童書》
を借りて、今読み終わったところ。

私は知らなかったけど、
ドラマ化されたり、
有名な作品のよう。

母親から「存在の否定」という、
精神的虐待をうけた少女が主人公。

ストーリーの展開が次々変わるので、
あのひどい担任教師はどうした!?

結末が出来すぎていて、
あら!?

みたいなところはあったけど、
泣きながらいっきに読んだ。

虐待やいじめに直面した時の、
理想的な対処法になるのかな。
小学生や中学生には、
心に残る作品になると思う。

加筆修正された一般書があるらしいので、
それを、いずれ母になるかもしれない
娘たちにもすすめてみよう。

精神的な虐待は、
周囲には気づかれにくい。
傷ついたまま大人になるんだよな。

物語はハッピーエンドにできるけど。
関連記事
  1. 2012/06/10(日) 00:29:50|
  2. 読書
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<電力は足りている。 | ホーム | 伊勢えび祭り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/140-8b6fdf21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【物語はハッピーエンドにできるけど。】

ハッピーバースデー 青木和雄/作《児童書》を借りて、今読み終わったところ。私は知らなかったけど、ドラマ化されたり、有名な作品のよう。母親から「存在の否定」という、精神的虐待をうけた少女が主人公。ストーリーの展開が次々変わるので、あのひどい担任教師はどう...
  1. 2012/06/10(日) 18:07:13 |
  2. まとめwoネタ速neo