MY HOME TOWN

志摩の暮らし

中学校の文化講座


先日、地元中学校の文化講座に出かけた。
今年で4回目のギター講座だ。

事前に申し込んでいたのは、
1年生から3年生の男女17名。

今年は2年目という生徒もいて、
「ギターまだ買ってもらえない。。。」
と、話してくれる。
私のギターも弾いていいよと言うと、
さほど表情は変えないけれど、
なかなかギターを離さない。
横顔がうれしそうで、こちらもうれしくなる。

ギターは、簡単に手に入らない方がいいんだよ。
きっといつか!
って、思っている時もけっこう楽しいもんだ。

学校にある20台ほどのギターは、
「こんなに錆びていてはだめだ」
と、校長先生がおっしゃって、
音楽の先生と二人で張り替えてくださったと聞いた。

校長先生がギターを弾かれるのに、
私が講師なんて申し訳ないな。
でも、地元のおばちゃんが行く事がいいのかな?


一番前に甥が座っている。
自分が聞かなければ!と思ってくれているのか、
私の話しに
「うん、うん」
と、うなずいている。
「弾きたかったんか?家にきたらいいんやで」
と言ったらニコッと笑う。

その甥とはいとこの、もう一人の甥も座っていた。
最近会っていなかったので、
大きくなったなぁ〜、
と、話しかけたかったけどやめておく。
顔を見たらわかるから。
照れくさいだろうに、
おばちゃんのギター講座を選んでくれた甥たち。
かわいいな。

難しいと思った課題曲も、真剣な目をして練習している。
ゆっくり弾けるようになってくると、
目がキラキラと輝きだす。

今からどんな人生を歩むんだろう。。。

理不尽なことにもぶつかるだろう。。。

まちがっていることは、
まちがっていると言える人でいてほしい。
そして、まちがった人のことを
許せる人でもいてほしい。

人生の何ページか、、、何行かでも、
ギターを弾いて楽しい時間を過ごしてほしいな。

宝石よりも輝いていた地元の中学生たち!
どうか未来が幸せでありますように。





関連記事
  1. 2012/11/22(木) 22:47:06|
  2. 志摩の音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手作りカホン | ホーム | 人の波>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/185-11b8c3f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)