MY HOME TOWN

志摩の暮らし

不思議だよ

私の祖母は、針仕事が好きで、
破れた物でも捨てなかった。
父は、やっと作ったようなスペースで、
水墨画を描いていた。
母は、仕事と友人とのつきあいで、
家にじっと居る人ではなかった。

と、ここだけとったら、
かっこいいのかもしれないけど、
長所短所は紙一重で、
祖母は
「そんな物までどうするんだ」
と父に叱られていたし、
その父も、壊れた文具や絵筆で机がいっぱい。
母は、家に居ないので、
熱を出しても看病してもらったような記憶がない。

そんな私も最近、
捨てりゃいいのに、ちくちく縫う。
誰も喜ばないような絵を描いたり、
母ほど子どもを放ってはおかないものの、
外での付き合いが増えてきた。

不思議だな。
背格好だけではないものが引継がれている。



私が「ものづくり」に目覚めてしまったのは、
この場所へ行ったことがきっかけだったかも。

20130120_220405.jpg


初めて小池さんの仕事を見た時の衝撃。
魔法か?と、じっとみつめてしまった手。
「帰りたくない」
「ここで働きたい」
と子どもが駄々をこねるように言った。

なんで、今まで知らずにいたんだろう。
どうして女に生まれてしまったんだろう。
とまで思ったな。

昨日、私と息子以外の家族はスキーだったし、
息子とここへ行って来た。


写真-3
《KK46を調整中の小池さん》

写真-5
《震災で流された松の木のギター》

写真-2
《ショールームにて》

ショールームでギターを弾かせてもらっていた息子は、
帰りたくないのか、なかなか動こうとしない。
「今度はいつ来る?」
って、子どものように言う。

不思議だよ。



私は、いつかきっと、
健さんのような作業場を作ります。
本の修理や切り紙。
絵を描いたり消しゴム彫ったり。
楽器づくりに挑戦したり!

こんな夢もいいでしょ。

関連記事
  1. 2013/01/20(日) 22:36:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カシスオレンジソーダで初ライブ | ホーム | おもてなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/198-95e65c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)