MY HOME TOWN

志摩の暮らし

オリンピックと「風立ちぬ」

TOKYOに決まった瞬間から、
勝手に開会式の心配をし始めた。

中居くんの「あぁれぇかぁらぁ〜♪」
って、ソロから始めるのもおもしろいんちゃう?

う〜ん、ロンドンのように、
世界的なスターを、、、

う〜ん、、、

そこで、長女がひと言
「日本といったらアニメやろ。宮崎駿監督!」

なるほど。
あの映像の美しさには、きっと世界中が感動するよなぁ。

でも、
今回の映画は5年かかったから、次回は7年かかるだろう
って、引退記者会見で言っていた。

「そしたら、今すぐ、引退を撤回してもらわな間に合わん!」
などと、お茶の間で勝手に盛りあがったのでした。



そして、ジブリファンの長女が、よかったから観といた方がいいと言う
「風立ちぬ」を、ようやく勢いで観に行った。



宮崎駿監督が、引退の記者会見を開いた次の日(だったかな)
の中日新聞。


ートトロは「雑草という草はない」という昭和天皇の言葉のように、
雑草一本まで日本の自然を描いた作品ー
                 *「中日春秋」引用


映画を観終えるまで、この言葉が頭から離れず、
「風立ちぬ」も、映像の美しさに魅了された。
情報として知ってから観たのはよかったと思った。


反対に、日本禁煙学会がクレームをだしたタバコのシーン。
《このことかぁ。あ、ここもかぁ》
と、考えてしまい、
こちらは観る前に聞きたくない情報だったな。



我が家の子どもたちは、宮崎駿作品を観て育ち、
私の世代もそうだったということが後からわかる。

同じ時代に生まれてきたことはとても幸せなことだったんだな。


「う〜ん、もう一本!!」

お茶の間で勝手なこと言っても無理なんだけど。











関連記事
  1. 2013/09/12(木) 20:21:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誕生日 | ホーム | ロックSAX>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/238-88aa0774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)