MY HOME TOWN

志摩の暮らし

プチ家出 〜ワンダーランド〜リトルムッシュ〜

前線開通80周年の、飛騨高山線に乗って、
《わくわく》

写真 2-2

今、いちばん好きな本屋さんへ行った。
《わくわく》

P6280590_20140628230609dda.jpg

知らずに行ったけど、
今夜は、佐久間順平さんのライブがあると店主が言った。

「昨夜は三重県で、
南こうせつさんと伊勢正三さんのステージだったらしいよ」

そういえば、昨日、正やんファンの息子とその話しをした。

店内に大きなテーブルがある。
本屋さんなのに、ライブもするのでイスがいっぱい。
だから座っちゃう。本屋さんなのに。


店主が学生の頃作ったという曲を聞かせてもらったりもした。
70年頃の演奏をCDにしてあった。
エレキの音が心地いいなぁ。
声もいいし、ピアノもドラムもギターもうまい。
当時のメンバーがプロで活躍されていると聞いた。
「やっぱりなぁ。うまいもん」

さっきまで横で話しを聞いていた高齢のおかあさんが、
うたた寝をしだして、前に来たときもそうだったなと思い出した。
その時は冬だったので、風邪をひかないかと心配したけど、
今日は気持ち良さそうで、こちらも幸せな気持ち。
ずっと見ていたかった。

私は、私の夢の話しもしちゃったりして、
《こりゃ、一日中居れるわ》
と、思ったけど、ここへ来たのはまだ2回目だというのも思い出した。

出会いは奇跡だと、最近よく思うけど、
この心地よさも奇跡的。
人見知りで、めったに人間には打ち解けられない私が
2回目で夢まで話しちゃう。

写真 1-2

P6280583_2014062823060773e.jpg


店の名は「ワンダーランド」
おとぎの国での奇跡です。


それから、夜のライブの準備で忙しいだろうに、
娘さんのお店へ連れて行ってくれた。

「リトルムッシュ」

外から見たら民家にしか見えない、隠れ家のようなお店。
重量感のある器にもられた、きれいなお料理。
色白でしっとりかわいい娘さん。

写真 4-1

「これなんですか?」
「インカのめざめです」

「インカ〜〜〜!?」

奇跡や。

最近、娘のお弁当のおかずが、
とても退屈な内容になり、
「チオベン」というレシピ本を買った。
そこに「インカのめざめ」と載っていた。

インカってなに?
どんな調味料?
調べてみやなあかんな。

と思っていたところの
今日の「インカのめざめ」
この不思議な食べ物との出会いにも夢中になる。

で、それってなんだ?
って思われるかもしれないけど、
長くなるのでそこはスルーしとく。

店内は手作り感いっぱいで女性好み。
「これも作ってくれたんや」
と、お父さんが見せてくれたカバン。
「これもしてくれたんや」
と。見せてくれたのは、
ショートパンツの破れた部分に、ギンガムチェックの布。

この優しさが、お料理にもでてるんやね。
私の退屈になっていた料理は、優しさ不足なんだと気づいた。

なんてすてきな親子なんだろう。
帰りの電車で思い出して涙がこぼれた。

生まれかわるなら、もう人間じゃなくていい。
って思っていた時期があったけど、
こんな出会いがあると、人間っていいなと思う。
人って、愛おしくてたまらないと思った。


用事があって名古屋まで来ていた息子と、
名古屋駅で待ち合わせをした。
忙しくてお昼ご飯を食べていないと、
息子はハンバーグをガツガツ食べた。
私の話しは聞いていない様子だったけど、
「でさぁ、今夜は佐久間順平さんの、、、」
と続けたら、急に手をとめ、
「今なんて言った?佐久間?佐久間って言ったよな?
ギター雑誌の表紙になるほど、すごい人やで。ほんまに?」

だから、そう言うてるやん。
素敵なおもしろい本屋さんやろ。

今度帰ってきたら、
優しい料理を食べさせたろ。
リトルムッシュみたいな。




プチ家出 〜午後はヤイリギター〜
に続く。



関連記事
  1. 2014/06/29(日) 00:49:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プチ家出 〜午後はヤイリギター〜 | ホーム | プルーフライブと酔っぱらいについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/268-73ea03ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)