MY HOME TOWN

志摩の暮らし

文化講座

地元中学校の文化祭の日、
陶芸、料理、切り絵などの文化講座があり、
8年くらい、ギター講座の講師に行っている。

私は、ギターを教えるほど理論も知らないんだけど、
地元で知ってる人が行く
っていうのがいいのかもしれない。

中学生相手に話す事はとても楽しいし。

担当の音楽の先生には、
次女がブラスバンド部でお世話になっていたし、
年齢も近く話しやすい。

ギターを見るから持って来て!
と言って、アコギと弦を預かった。

毎年、弦高が気になっていた古いギター。
初めてギターを触る子が、
このギターでは嫌になってしまうなぁと思っていたから、
サドルを削ってみたりした。
少しだけでも弾きやすくなってくれれば。

新しいギターでも、ペグが空回りして、
チューニングができなかったり。

部屋を占領しているギターを見て、
息子が
「お、ヤイリギターみたいやん」
と冷やかす。


ふと気づけば、小池さんの仕草に似ている自分にびっくりした。
もちろん、やっている内容はまったく違うので、
怒られそうな話しだけど、
ちょっとした仕草がね、、、
小池さんも、こんなふうにネックを持っていたなぁ〜とか。

10年見てきたことが、ふと、でたりしたのかな。

10年はすごいね。

あ、古いギターの弦高は、とても手に負えなかったので、
「健さ〜〜〜ん!」
って電話して教えていただいて。
ヤイリギターのトップ職人で、毎日忙しいのに、
やさしく教えてくれてありがとうございます。



今年は16人。
中学生はかわいいです。

普段、集中力のない子どもが
一生懸命コードを押さえている
と、先生が驚いたり、
多感な時期、返事もしたくないだろう男子も、
もどかしそうに左手を動かす。

かわいくて かわいくて。


地域の宝です。


IMG_4369.jpg





関連記事
  1. 2015/11/13(金) 21:23:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いのち | ホーム | 銅版画とレザーとピノキオに心躍る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/314-0d5b154d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)