MY HOME TOWN

志摩の暮らし

思い出

次女が、浴衣がほしいと言った。

少年のような娘が、お祭りに着ていきたいと言う。
姉ちゃんの浴衣あるやん。

末っ子のかわいそうなところだけど、
今までも、そうしてきて、
お古を着るのには慣れているはず。

それが、今回は納得いかない顔をしているので、
買ってやろうか、、、
と思わせるところは、甘え上手な末っ子ということかな。

少年のような(実際、男の子に間違えられたこともある)娘が、
浴衣を着ておおはしゃぎ。

髪を結って、写真を撮って、
見た事のない娘の顔。

女だったか。。。

(笑)


私には、そういう思い出がない。


そんな話しを息子にしたら、
「『俺が買ったろうか』って、昨日言うたんやけど、
すねてた。姉ちゃんのでいいやんとか、あんまり言うたらあかんで」

って。

そやね。成人式も、私の大昔の振り袖着せたし、反省。反省。
それなりに、いろいろガマンもしてきてるんやろうな。


とにかく、はじゃぐ娘を見て反省した一日。


自分に思い出がないからといって、
娘も同じと思ってはいけないな。



今、この瞬間に起こっていることは、
明日にはもう思い出。


子どもたちには、つらいことより
楽しい思い出が多くあってほしいと思う。


今頃、花火みてるかな。




関連記事
  1. 2016/07/30(土) 21:18:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<< ぷかぷか音楽祭終了 はっしゃん、ありがとう! | ホーム | ぷかぷか音楽祭 タイムテーブル>>

コメント

あ…胸がいたひ(・_・;
  1. 2016/07/31(日) 14:11:45 |
  2. URL |
  3. オレンジ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/360-65d53239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)