MY HOME TOWN

志摩の暮らし

こころの詩

花粉症が・・・・
治った・・・・
と言ってもいいと思うここ数年。
あれだけ苦しかったこの季節、
マスクをすることも
薬を飲むこともなくなった。
少々は、鼻がムズムズしたり、
目が痒かったりしたけど、
そんな日が2日間くらい。
治ったって言ってもいいよね。


花粉症仲間はみな大変そうで、
「私は、ほおら!」
と。大きく深呼吸して春を吸い込む。
この優越感ときたら・・・
あかん、そのうち刺されそうや。

「なんでや。どうしたら治ったんや」
と眉間にしわを寄せて聞かれても、
それがわかったら、本でも書くんだけど。



10年くらい前には、頬に大きな黒いシミがあった。
ファンデーションを塗っても隠せない黒いシミが。
顔じゅう全部シミになったら、
シミってわからいのになぁって言ってたくらい大きなシミが。
それもいつの間にか消えていた。

美容にどうやってお金を遣ったらいいか
わからない私は、皮膚科で治療をするわけでも、
高級なクリームを塗ったわけでもない。
なんで消えたのかがわかったら
美容アドバイザーにでもなるんだけど。

でも、安心してください。
悪いところは他にもいっぱいです。

そういうわけで、春を感じるられるのが嬉しくて、
最近、歩いて職場へ来ています。30分くらい。

歩く人はあまりいない道なので、
乗せてあげようかと、心の優しい方が
スピードを落として気にかけてくれます。
大丈夫です。
ありがとう。
ブリキのおもちゃがゼンマイで歩いているようなもの。
止まったらコケます。

お!!歩いてんのか!!って、
クラクションをならさないでください。
心臓もくたびれてきて、不意に聞く音は命取りです。

今日は何分で来たんや?
って気にかけてくださってありがとう。
何も目指していません。

駐車場の車を見て、
今日みたいなポカポカ陽気に歩いてこなあかんやん!
と言われても、私にもいろいろ事情があります。

たのしいまちで、小鼻を膨らませて
遅刻して来た春を楽しんでいます。

先週、花が咲かぬと、延期になっていたお花見イベント。
今週は雨が心配。屋内で決行らしいけど、
桜の木の下で唄いたいなぁ。

オーシャンボーイズの3曲めのオリジナル曲の歌詞も仕上げなければ!
もうちょっと待っててね。




「こころの詩」


花見の場所へと急ぐ人々。
タンポポを踏みつけていることには気づかない。
「生まれ変わったらサクラになりたいよ」
と言ったタンポポに、
「私は綿毛になってあの人に会いにいきたいわ」
とサクラが言った。
関連記事
  1. 2017/04/06(木) 08:16:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青い実 | ホーム | 岡崎倫典さんの志摩ライブ決定!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/418-40645847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)