MY HOME TOWN

志摩の暮らし

ヤスムロコウイチさんの志摩ライブ

ヤスムロコウイチさんの演奏に驚かされ、
お話に心ひかれます。
昨夜のプルーフでのライブは、たくさんの方にお越しいただきました。
ヤスムロさんの歌を、志摩の方に聞いていただけたら、
喜んでもらえるだろうなと思っての企画ですが、
どこかで不安な気持ちもあります。

学生の頃、同級生が自分の好きなミュージシャンの歌を私に聞かせようと
ヘッドフォンを耳にあててくるのです。
一度や二度じゃない。
顔を合わすとすぐに、ご贔屓のミュージシャンがどれほど素晴らしいかを熱弁。
気持ちはわからなくもないけど、そのせいで私は、
そのミュージシャンのことが嫌いになってしまった。
押し付けられるのはきつい。

だから、自分も同じことをしていないかと考えてしまう。
私が好きになったミュージシャンを、
私が原因で嫌いになられては困るから。
押し付けではなく、一緒に楽しい時間が共有できたら・・・

そんな想いを、いつも理解して
楽しんでお越しいただいてありがとうございます。
お友だちに声をかけてくださる方や、
遠方から来てくださった方。
ライブの後の皆さんの笑顔。
Facebookでの投稿。
すべてが伝わってきます。

ヤスムロさんが、
コーヒーを飲みながら、
「僕は楽しむために生まれてきた。みんなそうですよ」
とおっしゃった。
昨夜は、楽しむことのプロたちが集まったようなライブだった。

ヤスムロさんは、セットリストもMCもその時に考えるそうです。
私もMCはその時の気持ちで話すかなぁと言ったら
「それでいい。それが生きてるってこと。ライブって生きてるってことなんです」
ともおっしゃった。
生きている言葉を聞きました。
(お話の掲載許可いただいてます)

リハの時に、
「この曲好き。あの曲も聴きたい」
などと、図々しいことを言ったら
(話しやすい方だし、みなさんにも聞いていただきたい曲だったからついつい)
本番で、
「いろいろリクエストも聞きましたが、そんなんやりません。
あっかんべーしときます」
と言われた。

今回は聞けないのか・・・

と思っていたけど、終わってみたら
全部聴けていました。


心ひかれるのです。


ライブは生きてるってことですね。
出演者、オーディエンスのみなさん、
本当にありがとうございました。
栗林くんありがとう。
私の野望はまだまだつづく。




O/A
ねこのねごと
20171122230404638.jpg

栗林くん
20171122230401829.jpg


ヤスムロさんが見えないくらいお客さんいっぱい
20171122230403c63.jpg


関連記事
  1. 2017/11/22(水) 23:08:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月3日 志摩でアコギな夜 | ホーム | 11月11日 ヤスムロコウイチさんの志摩ライブ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kk4693.blog90.fc2.com/tb.php/442-a6e5f360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)