MY HOME TOWN

志摩の暮らし 志摩の音楽

ヤイリギターと珈琲ふう

バキバキ
カッ
シュッシュッ

長嶋茂雄さんのような書き出しですが、
ヤイリギター、小池健司さんの修理の様子です。
まったく躊躇なくバキバキって始まります。
図らないでシュッシュッって削ります。
ブリッジ浮きを直してもらう緊急オペです。





リニューアルしたてのコーナーに展示してもらいました。
お天気が悪いと乾きにくいので、まだ弦を貼らずに
入院することになりました。


20180211113202414.jpg




道前さんは、パープルハートという紫色の木でボディを作っています。
きれいな色です。どんなギターになるのでしょう。

2018021111323133e.jpg

20180211113229f62.jpg


松尾さんは、いつもの修理に追われています。
桶ギターの存在ははやくから知っていたけど、
初めて音を聞かせてもらいました。
ブルーグラスにいい感じの音。
おもしろいです。

20180211113227be5.jpg





数年ぶりに会った常連さんや、
初めてお会いする若いミュージシャンで、
土曜日は賑やかです。
机の上にたくさんフライヤーがあったので、
私も大塚さんのを置いてきました。
3時の休憩では、
松尾さんから東海地区のライブ情報など聞けて楽しいです。

ピックガードのサインはこれが最初じゃないの?
と常連さんに言われ、
「入れさせられたんや。これが最初やね」
と健さん。
そうだったのか。私が最初かぁ。
うれしいです。ちょっと特別な感じ。

20180211113203c1f.jpg



先代社長グッズの修理が度々届きます。
ここでも、

バキバキ
カッ
シュッシュッ

珍しく手こずっていらっしゃいましたが、
どうなるか楽しみです。
お客さんが映っていたので、
セピア色にぼかして編集したものです。





その後、犬山の珈琲ふうさんへ。

20180211113159c41.jpg


私はブックカフェが大好きで、ライブに行きたかったのです。

ギターの緊急手術に行かなあかん
ふうにも行かなあかん

そして、ヤスムロコウイチさんのライブというのだから、
行かなあかん✖️3でした。

20180211113200623.jpg





私は、プロミュージシャンのライブのお手伝いをさせていただいてるけど、
知らないことがいっぱいです。
今までは狭い範囲で限られた音楽を聴いていたけど、
これからは、いろいろな場所で、
ライブを体感してみたい。

その中でもふうさんは一番行きたかったところ。
好きな場所を、また作ってしまってもいいですか。


志摩から来たということもあってか、
ヤスムロさんのMCが直撃します。
いろいろ覚えてくださっていてうれしかった。
近くで聞けて、教わることがいっぱいでした。
これからは素晴らしいミュージシャンのライブをたくさん聞きたい。

この気持ちを志摩に持って帰って、
また素敵なライブイベントをしたいです。
頑張れわたし。




健さんのギターを弾いて14年、
聞かせてって言われてもずっと拒んできたけど、
最近は聞いてもらうことにしています。

うまい、うまい。

って、
小学生に言うみたいにほめてくれる。
うれしくて。
うれしくて。

健さんにまたほめてもらいたい。

頑張れ。



頑張れわたし。





  1. 2018/02/11(日) 15:33:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名張 なすび亭 野郎歌(番外編)LIVE終了

奈良県大和高田市で生まれて11年間過ごし、
その後名張市で11年間暮らした。
故郷・・・というには、どちらもピンとこなかった。

実家の最寄りの駅は桔梗が丘駅
大阪や奈良から移り住む人が多いベッドタウンで、
次から次へと山が〇〇が丘になっていったまち。

私が中学校の時には
桔梗ヶ丘中学校が二校に分かれ
桔梗ヶ丘北中学校ができたほど生徒が多かった。

それなのに、
最近は古くなった家や空き家が多くなり
ずいぶんさみしくなったなぁと思っていた。

同級生の栗林くんと再会するまでは。


昨夜のライブは、実家に行く時にいつも前を通っていた
「なすび亭」
大将に会ったら、現在の私の家に来たことがあるとおっしゃった。
あぁ、あの時の!!
と、ご縁にびっくり。
釣りがご趣味と言うだけあって、お魚メニューもたくさんあり
お客さんが食べていた物が全部美味しそうでした。

20180205094042504.jpg

20180205094040ac1.jpg

201802050940390c2.jpg

20180205094048427.jpg




そして演者は


花垣亮志くん
彼の目はいつもまっすぐ。
教えてもらうことが多いです。
こんな若い人に、しゃべってもらうだけでありがたいのに、
一緒にライブに出させてもらえるなんて・・・
赤い空をリハで聞いただけでもう胸いっぱい。
ありがとう!いつもほんとうに。

20180205094049994.jpg




松下洋士くん
初めてお会いして、静かな印象があったけど、
彼もまた自分の世界をもっていておもしろい。
今、ワイン飲みながらCD聞いています。
もう少しお話したい。またきっとお会いしましょう。
ありがとう。

2018020509404666e.jpg


安藤健太くん
大丈夫かい?
来て弾いたら、すぐ熱が下がったかもしれないけど、
今の季節はインフルエンザかもしれないしね。
拡散するのはいい音楽だけに・・・・ということや。
座布団一枚。
残念でした。また会える日を楽しみにしています。

栗林令くん
見かけによらず、やさしい声でバラードを歌うのだ。
何回も聞かせてもらっている曲。いいよね。
私も好きになりました。
機材を運び込んで音響
大変だったと思います。
ありがとう。
若いミュージシャンが慕っている姿をみるとうれしいよ。
同級生として。


I里くんやY内くん、志摩にも来てくださったことがある
Y口くん、
注文していた伊賀ワインを忘れず持って来てくれた
Kずきくん(イニシャルの意味あるのか)
会えてうれしい人ばかり。

受付などお手伝いしてくださった方や、
動画や写真を上手に撮ってくれたりかさん、
進ちゃんのカホンヘルプ
ほんとうに助かりました!!
終わった後、初めて聞いてくださった方が
「プカプカ」してほしかったです。
って言ってくださいました。

花垣くんのファンの女の子が、
私にもサインくださいって。
ないない。照れる照れる。
ありがとうございます。
みなさんに会えてから、
私に故郷ができました。
伊賀名張が大好きになりました。
ありがとうございました。

20180205094043c37.jpg




伊賀のワイン
今まで飲んだことがない味がします。
香りが強いけど、喉を通ったあとはなんにも残らない。
あれ?今何飲んだ?みたいな・・・
不思議です。
癖になる味。
ありがとう。

2018020509404526e.jpg




  1. 2018/02/05(月) 09:45:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大塚まさじさん 志摩ライブ 決まりました!!

あけましておめでとうございます。
今年も、みなさんに喜んでいただけるライブイベントを
たくさん企画したいです。
よろしくお願いいたします。

2018年
最初にお知らせできるのがうれしいです。

今夜の月の輝きのような
大塚まさじさん。

志摩でのライブが決まりました。

心の中で、西岡恭蔵さんと共演されるのではないかな
と思うと、その世代ではない私でも、
胸にぐっとくるものがあります。

今まで大塚さんのうたを聴いてきた方は、
一瞬で少年少女にもどり、
キラキラ瞳を輝かせるでしょう。

そして、これまで大塚さんのうたを聴いたことがない方に、
おすすめする私の顔が、キラキラ輝くことでしょう。




公式ホームページ
http://www.masaji-o.com/



この告知(Facebook・LINE・ツイッター・ブログ)
より予約受付開始とさせていただきます。

お早めのご予約をおすすめします。
よろしくお願いいたします。

20180101192735d52.jpg












  1. 2018/01/01(月) 19:31:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いのち

もう28日だったことにびっくりしてる。
もういくつ寝るとお正月♪
なんて思っていたのは遠い昔です。

背負うものが増えて
心が壊れそうな方がいらっしゃるかもしれません。
器用ではありませんので、
元気づける言葉がかけられません。

大切な方を亡くして、
悔しくてさみしいお正月を過ごされる方もいらっしゃるでしょう。
不器用で、かける言葉がみつかりません。

地球上のすべての人の幸せを願ったりできる
大きな器の人間ではありません。

ただ、私が
「イベントしますー」
と言ったら、来てくださる方。
私を
「歌いにおいで」
って呼んでくださる方。
こんな雑な私に、志摩でのライブを任せてくださる
プロミュージシャンの方々。
関わってくださる方の幸せは祈りたい。

今年一年ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

新年には、また素晴らしいライブイベントのお知らせが
できると思います。


■2013年10月8日
「いのち」
という題名でブログを書いていました。
以下コピー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海外で事故があると、
「ケガ人の中に日本人はいませんでした」
というNEWSが伝えられる。
この言い方に、
日本人にケガ人がなければそれでいいのか?
とタレントがテレビで言っていたのを観た。
これは、ニュースなのだから、
客観的に事実を伝えなければいけないのであって、
外国人がどうでもいいと言っているわけではない。
それに、それを聞いて、
あぁ、日本人にケガ人がなくてよかった、、、
と思ってしまう私も、
外国人がどうでもいいと思っているわけではない。
災害で、◯◯人、◯◯◯◯人が亡くなったと伝えられたときでも、
一番悲しいことは、身内や友人の命がなくなることなのだ。
でも、これも、他の◯◯人がどうでもいいと思っているわけではない。
先日、踏切内でしゃがんでいた男性を助けて亡くなった40代の女性のNEWS。
やりきれない悲しみに襲われた。
「自分はできるだろうか」「彼女を見習いたい」
と報道する。
でも、私は、まずは自分のいのちを大事にしてほしいと子どもに伝える。
やさしい子どもをもつ親は、いつもはがゆい思いをするのだ。
命を投げ出してまで救助した彼女を批判しているのではなく、
彼女の家族、友だちは、どんなに悔しいだろうかと思うと、
せつなくてやりきれなくて、、、。
他の人がどうでもいいわけじゃないんです。
ただ、大切な人のいのちが一番大事なんです。
これ以上、やさしい人を天国につれていかないでください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2017/12/28(木) 22:49:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスイブのサンタさん

こんな私にも
サンタさんがきてくれました。
先日のクリスマスイブライブ。
サックス演奏で参加してくださった、
銅版画家の吉田賢治さんが、
ご自分の楽譜の裏面に、
歌っている私をササッと鉛筆で描いてくださった。
今まで描いてもらっている方のを見て、
ずっとうらやましかったんです。
言えなかったけど。
だから、うれしくてうれしくて。
額にいれて見ていたら、
来年もいい年になりそうだなぁと力が湧いてきました。
そう思っていたら、本当にいいお知らせが届きました。
つまりかけていた血管の
血液がどくどくと流れだしような。
そんな来年にワクワクがとまりません。


2017122822453772c.jpg


  1. 2017/12/28(木) 22:46:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人だってクリスマス

なにわろてんねん

心の中ではいつも関西弁。



24日の『大人だってクリスマス』(オリジナル企画)で、
久しぶりに
「マスターのだし巻きたまご」
というバンドで歌います。

つい先日提案した曲を
各自でアレンジしてプルーフに集合。
日曜日が一回ポッキリの音合わせでした。

※ポッキリの使い方がおかしいかもしれません。






それぞれが出来上がっているから
すぐオッケー。
さすが!だし巻き軍団。
一週間で忘れなければ・・・ですが。


キーボードのうめちゃんとも
ふたりで組みました。
これも一回ポッキリ。
曲を言っていなかったので、
打ち合わせしながら音出し。
すぐ出来上がった。
さすが!うめちゃん。

そんな私たちの前で、
男性三人が

ケラケラ 笑ってる。


なにがおもしろいのかと聞くと、
しょーーーーもないことでケラケラ。


私もつられてケラケラ。


ええオッチャンが小3みたいな顔してケラケラ。

ええオバちゃんもケラケラ。

いつまでわろてんねん






そんなメンバーで演奏するから、

楽しいに決まってます。

他の出演者も、

いい歌持って来てくれると思います。
吉田画伯も出演決定!




今年のイブは
今年一回ポッキリです。


20171219204232042.jpg
  1. 2017/12/19(火) 20:43:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

AZUMIさんのライブがあったよ

AZUMIさんのライブがあるよ。
今夜波切で。


って、教えていただいたメールを、
私が見たのが遅かった。

外でメールを見たとき、すでに開始30分前。
一度家へ帰ってから支度をして・・・
波切まで車も混む時間だし約30分見て・・・
あー、無理か・・・


でも、電車乗って、出かけて聞きに行ってもいいと
思っていたミュージシャンの一人なので聞きたい!
30分遅れても聞きに行こう!

漫画のように、
手と足をぐるぐるまわして
家の中を走る走る。

こんなに動けるなら
気になっているところもあっという間に片付けられそうなのに。
なぜそれは出来ないのか。



20分遅れて到着したら、
まだ始まっていなくてラッキー。

ブルース。

歌いながらチューニングすること数回。

ブルース。

BBQ木炭に足置いて。


今までに聞いたことがない衝撃のブルースだった。

私の目は、いつもの1.5倍大きく開いていたと思う。


AZUMIさんのライブがあるよ

って教えてもらってよかった。

ライブがあることを知らなかった。

志摩にこんな場所があるなんて、知らなかった。




まだまだ志摩はおもしろいな。



201712191704066db.jpg










  1. 2017/12/19(火) 17:06:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美濃加茂ワンダーランドへ



悲しむことにも順番がある気がした・・・


一年前、
「修さんが亡くなった」
というメールを見て、
どれくらいの時間、動けなくなっていたんだろう。
頭と心が数ミリも動かなくなって、
携帯電話を握ったまま時間が流れ、
明るかった空が暗くなっていた。

信じたくないという気持ちは、
脳が涙をながす指令をしない。


志摩で会う約束があったのに、
その少し前に交通事故で入院。
もうすぐ退院すると聞いたときには
いろいろ考えていた。


元気になったとき、
会いたい人はいっぱいいるだろうから、
私は一番最後でいい
おとなしく待ってる。

いつ頃かな。
いつワンダーランドへ行けばいいかな。
志摩にはいつ来られるかな。
見てもらいたかった景色。
食べてもらおうとしてたもの。
いっぱい考えていた。


短くて浅いおつきあいなのに、
深く心を開いていた。

修さん!修さん!今度さぁ、
・・・って話してた今度はいつですか。
話の続きを誰にしたらいいのかわからないままです。



一周忌
ワンダーランドでの最後のライブでした。
修さんと、深く深くおつきあいのあった方々が集まりました。

そんな中で、私が悲しいと言うのは順番が違う気がしていた。
でも、

そんな順番ないよー。

と言っている笑顔に会った。

今夜のライブ、ずっとミキサーの前にいたでしょー。


修さんが残してくれた言葉の通り、
楽しんで生きています!

星の世界から、この世界に来られる日は・・・
やっぱり一番最後でいいよ。
私にも会いに来てください。


親しかった方々の歌声。
時間てすごいな。
悲しみを受け入れて強く生きられるのも人間だけ。

私も心の整理というのができて、穏やかな気持ちの夜。
志摩で待ってます!



20171219093031fd9.jpg


20171219093030bf1.jpg
  1. 2017/12/19(火) 09:31:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふらっと西岡恭蔵さんのお墓へ


布施田に行って、恭蔵さんのお墓の前を通ったのでふらっと寄った。
ふらっと寄るところじゃないけど、ほんとにふらっと。

志摩でライブをされるプロミュージシャンのライブを手伝っている。
亡くなった泊さんのあとをつがせてもらって手伝っている岡崎倫典さんは
「恭蔵さんは志摩出身なのか。プカプカを一緒にやったよ」
とおっしゃった。

同級生を通じて実現した先日のヤスムロさんのライブ。
ヤスムロさんも、恭蔵さんとの思い出話を聞かせてくださった。

今まで関わらせていただいた方々が、恭蔵さんのお話をされる。

何も知らない私にはとても不思議なこと。

不思議だけど、少しずつ少しずつ
大きな存在になっている。

今年は二回も大塚さんのライブに行けて嬉しかったこと、
秋本さんは、前回忙しくてお墓には来られなかったけど、
また志摩へ来られますよ。

って、散々しゃべって、
じゃ、また来ますー
って、心の中で言った。
うん、うん
って、黙って聞いてくださっていた恭蔵さんが、
で、あんた誰や?
って、笑って言ったような気がした。
私も
へへへ
って笑いながら帰った。
不思議。
私の野望は
まだまだ
まだまだ
つづく
  1. 2017/12/19(火) 09:24:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな雨の夜は くるくるくるくる


くるくるくるくる

くるくるくるくる

ガットギターの弦は

いつまでたってもうまく張れないけど

こんな雨の夜は

くるくるくるくる

くるくるくるくる

いつまでペグをまわしていてもいい




プロミュージシャンのライブの手伝いをしていると、本番前に張り替えているのをよく見る。
わたしなんかは落ちつかないから使用する一週間前には替えたい。
でも弦の命は短いのも知ってる。

あんまりはやく病院へ行ってもまだ判断できなくて、ちょっと様子みてから行くと薬の効きが悪いという、インフルエンザの検査のようで、よくわからないんだ。



でもお気に入りの工具入れから

くるくる

するのを出して

ずっと

くるくるくるくるくるくる

していてもいい夜

無心です。

わたしの人生を変えたKK46。


20171122231842302.jpg

20171122231840f19.jpg

20171122231839958.jpg
  1. 2017/11/22(水) 23:19:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月3日 志摩でアコギな夜

長い長い夢をみた。

私は寮生活をしているようだった。
有名な漫才師もいたから
漫才養成所だったのかな。

でも野外イベントに歌いに行った。
漫才じゃなかった。

出番が近いのに、
自分のギターがみつからない。

若い頃使っていたタカミネ。

「俺のを使えよ」
って、Charさんのような人が、
まったく似合わなさそうな
音来(一五一会の小さいもの)を貸してくれた。

弾いても音が出ませんって言うと、
音来の側面を開けて、
中に入っている白いカセットをいくつもとり出した。
改造音来
スナイパーか!ってつっこんでた。

やっぱり漫才やったのかな。

そして、マイクに向かって必死に声を出す

というところで目が覚めたら喉が腫れて痛かった。
というオチ。

娘も風邪。
流行ってますね。



土曜日の早乙女さんでのライブは、
家庭的な雰囲気のなか、
素晴らしい音響で歌わせていただいて幸せでした。
恭蔵さんをご存知の方がいらっしゃるなか、
恭蔵さんの歌を歌っちゃいました。
そして、
久しぶりにオーシャンボーイズの演奏を楽しみました。
ありがとうございました。


日曜日は、
今度、私の出番で、一曲だけ一緒にするKくんと、
さすがにそろそろ合わせようということになりプルーフへ。
そしたら出演メンバーが勢揃いしてた。
久しぶりにあさみちゃんのきれいな声を聞きましたよ。

私とKくんが、奥の部屋で弾いていたら、
遠くにいたと思ってたマスターが聞いていたらしく、
「オッケーやな」
と言いにきた。

マスターもスナイパーか。

先日、同級生の栗林くんが来た時、
「マスターは、演者のファンでいてくれるんやなぁ」
って言ってたのを思い出した。


音楽好きな人がいっぱい集まるお店です。
(そうでない方も静かに飲めます)

12月3日 20:00から
倉田氏主催のライブ


トップバッターです。
ヒット打ちたい。

お時間ありましたら、ふらっとどうぞ。


2017112223123599b.jpg


20171122231237e80.jpg
  1. 2017/11/22(水) 23:15:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤスムロコウイチさんの志摩ライブ

ヤスムロコウイチさんの演奏に驚かされ、
お話に心ひかれます。
昨夜のプルーフでのライブは、たくさんの方にお越しいただきました。
ヤスムロさんの歌を、志摩の方に聞いていただけたら、
喜んでもらえるだろうなと思っての企画ですが、
どこかで不安な気持ちもあります。

学生の頃、同級生が自分の好きなミュージシャンの歌を私に聞かせようと
ヘッドフォンを耳にあててくるのです。
一度や二度じゃない。
顔を合わすとすぐに、ご贔屓のミュージシャンがどれほど素晴らしいかを熱弁。
気持ちはわからなくもないけど、そのせいで私は、
そのミュージシャンのことが嫌いになってしまった。
押し付けられるのはきつい。

だから、自分も同じことをしていないかと考えてしまう。
私が好きになったミュージシャンを、
私が原因で嫌いになられては困るから。
押し付けではなく、一緒に楽しい時間が共有できたら・・・

そんな想いを、いつも理解して
楽しんでお越しいただいてありがとうございます。
お友だちに声をかけてくださる方や、
遠方から来てくださった方。
ライブの後の皆さんの笑顔。
Facebookでの投稿。
すべてが伝わってきます。

ヤスムロさんが、
コーヒーを飲みながら、
「僕は楽しむために生まれてきた。みんなそうですよ」
とおっしゃった。
昨夜は、楽しむことのプロたちが集まったようなライブだった。

ヤスムロさんは、セットリストもMCもその時に考えるそうです。
私もMCはその時の気持ちで話すかなぁと言ったら
「それでいい。それが生きてるってこと。ライブって生きてるってことなんです」
ともおっしゃった。
生きている言葉を聞きました。
(お話の掲載許可いただいてます)

リハの時に、
「この曲好き。あの曲も聴きたい」
などと、図々しいことを言ったら
(話しやすい方だし、みなさんにも聞いていただきたい曲だったからついつい)
本番で、
「いろいろリクエストも聞きましたが、そんなんやりません。
あっかんべーしときます」
と言われた。

今回は聞けないのか・・・

と思っていたけど、終わってみたら
全部聴けていました。


心ひかれるのです。


ライブは生きてるってことですね。
出演者、オーディエンスのみなさん、
本当にありがとうございました。
栗林くんありがとう。
私の野望はまだまだつづく。




O/A
ねこのねごと
20171122230404638.jpg

栗林くん
20171122230401829.jpg


ヤスムロさんが見えないくらいお客さんいっぱい
20171122230403c63.jpg


  1. 2017/11/22(水) 23:08:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月11日 ヤスムロコウイチさんの志摩ライブ

11月1日、年賀ハガキが発売されました。
新年の挨拶をしたばかりな気がするのに
もう・・・。

いい大人になるまで気がつかなかったのだけど、
年賀ハガキと年賀状は、
まったく違うものです。

日本郵便株式会社が発売している
お年玉付郵便葉書が年賀ハガキ。
年始の挨拶状全般を年賀状。

だから、今言ってしまいがちな
「年賀状を買う」
というのは間違いです。

そんな年賀状、
今は、メールやSNSで済ませてしまえるので、
書く人が減ってきています。

私も、年末はバタバタしていて、
年が明けてから、
いただいた年賀状に返事を書くというのが、
数年続いてしまいました。
それも、疎遠になっている古い友人への
安否確認のような文章。
今年こそは、はやめに・・・
という気持ちです。

もう、ご存知の方が多いかと思いますが、
年賀ハガキの切手のイラストは、
とても凝っています。

2003年は、ヒツジがマフラーを編んでいる。
2015年は、同じヒツジが、編みあげたマフラーを首に巻いている。

2004年は、一匹のサルが温泉に入っている。
2016年は、小さな子ザルが一緒に入っていて、家族がふえている。

こういうのを知ると、
なんだか、年賀状を書きたくなる・・・
という気持ちになります。
気持ちはいっぱいです。


年末の忙しい時期以外には、突然手紙を書いたりします。
文房具が好きで、筆記用具もけっこうあります。
メールで済ませてもいいような、
何でもないことを書くだけですが。

お気に入りの便箋に文字を書き始めると、
友だちにちょっと愚痴でも・・・
と思っていたのに、途中で前向きな気持ちになるから不思議です。
郵便局に行ったらかわいい切手があって、
思わず買ってしまいました。
おにぎりが食べたくなる!
あ、ちがう。手紙が書きたくなる!

201711081807537d0.jpg

そんな雨の日もいいもんです。


※個人の感想です。
日本郵便のまわしものではありません。



11日(土曜日)は、ヤスムロコウイチさんのライブです!!
鵜方プルーフ 20:00から
ご予約いただいている方、
ありがとうございます。
形のないものを買うのは難しい時代です。
今回も、人と人との繋がりに感謝です。
「形のないものこそ必要なもの」
と思っていただいていると信じています。
よろしくお願い致します!



201711081807566db.jpg
  1. 2017/11/08(水) 18:09:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二次思春期

仕事終わって買い物
両手いっぱいに荷物を持って
見上げる夕方の空は
心が冷え切って淋しくなる

やっと晴れた日の朝
何度も何度も洗濯物を干し
澄み渡る空を見ていても
息苦しいほどに悲しくなる

これは第二次思春期の症状か

第一次思春期と違うのは
時の経つ速度
そして
女としての感情は頓死状態になる
本屋で若い俳優の写真集をみてドキドキしていたのは
駐車場から早足で歩いてきた
動悸息切れだったと知るのだ


これからです
人として一番輝いていられるのはきっと
人生の醍醐味を感じるのはこれから


第二次思春期の私が、
第一次思春期真っ只中の地元の中学生にギターを教えます。

今週末、文化祭の日の文化講座で。

もう10年近く行ってるかな。
私が教えられることは何もないけど、
地元のおばちゃんが行くことに意味があると信じて
今年も引き受けることにした。


ギターを持ったら不良になる時代ではありません。
ステージママという言葉があるくらい(これももう古いか)
親も一生懸命ギターを教える時代です。

何かに夢中になれば、
辛い時も救われることがあると
わかっている親がいる時代です。

ギターを好きになってくれるきっかけになれば
と続けてきました。

201710262138296a6.jpg
  1. 2017/10/26(木) 21:38:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集 珠玉のメロディ20 岡崎倫典


今夜は倫典さんのCDを聴いています。

岡崎倫典さんがアレンジした
フィンガースタイルで弾くソロ・ギター名曲集
珠玉のメロディ20
5年ぶりとなる最新作です。

過去の同シリーズで絶版になっているものは、
価格が高騰して手に入りにくくなっているほどの人気です。

譜面集というと、ギターを弾く人が購入するものだと思われますが、
倫典さんの模範CDがもれなく付いてきて、
これをきくだけで、もうお値段以上の価値なのです。

倫典さんのアレンジは秀逸だと思います。


2017年9月13日発売 定価:本体2000円+税
【収録曲】
デイドリーム・ビリーバー●ザ・モンキーズ
あの時君は若かった●ザ・スパイダース
また逢う日まで●尾崎紀世彦
ケアレス・ウィスパー●ワム!
初恋●村下孝蔵
北国の春●千昌夫
オネスティ●ビリージョエル
ウィズアウト・ユー●ニルソン
真夏の果実●サザンオールスターズ
また君に恋してる●ビリー・バンバン
ゴッドファーザー 愛のテーマ●ニーノ・ロータ
赤とんぼ●山田耕筰
夜想曲 第2番 変ホ長調●フレデリック・ショパン
ウイスキーが、お好きでしょ●石川さゆり
セプテンバー●アース・ウィンド&ファイアー
ロビンソン●スピッツ
昴●谷村新司
イマジン●ジョン・レノン
雪の華●中島美嘉
蛍の光●スコットランド民謡


倫典さんの歌声を聞いてみたいと、
いつも、少しでいいので歌ってみてくださいと
お願いしてみるのですが、
歌は事務所NG?(笑)だそうです。


でも、きっと心の中で歌われるんだろうなぁ。
ギターが歌のようなんです。

心があるんです。



幼い頃、父の留守に、
父が大事にしていたレコードプレーヤーを使ってた。
ゴッドファーザーを聞くのが大好きでした。


今、倫典さんのゴッドファーザーを聴いていると、
誰かに守られている匂いの物置部屋の隅にいる私が、
わくわくしながらレコードに針を置いています。



どなたでも、タイムスリップできる曲ばかりだと思います。
Amazonで発売中。
もしくは、ライブで購入してサインをいただけたら、
それは、きっと最高の夜です。




  1. 2017/10/25(水) 12:31:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ